\ 【期間限定】スマイルセール開催中 /

エコバックスとルンバ比較|あなたに合う機種はどっち?

エコバックス ルンバ 比較 違い どっち

\ 100万点以上のアイテムがお得に /

【期間限定】~4/22(月)23:59まで

エコバックスルンバ比較したらどっちがいいの?」
エコバックスルンバ違いって何?」
自分のニーズに合うロボット掃除機が知りたい」

こんなお悩みをスッキリ解決する記事です。

あきら

ロボット掃除機として有名なエコバックスルンバを買いたくて違いを比較したけど、違いがよく分からず困っている人はいませんか?

エコバックス(DEEBOT)ルンバ比較するとそれぞれに良さがあり、どちらのどんな商品が自分に合っているか判断するのが難しい気持ち、よく分かります。

エコバックスとルンバの購入で悩んでいる人は、以下の結論をまずは見てください。

この記事の結論(エコバックスとルンバ比較)
エコバックスのメリットエコバックスのデメリット
ルンバより価格が安いルンバと比べて知名度が低い
水拭き機能が全機種標準搭載下取り査定額が低い
アプリの使い勝手が良いカスタマーサポートが発展途上
静音設計一部の機種で吸引力が弱い
マッピング機能が優秀
エコバックスのメリットとデメリット
ルンバのメリットルンバのデメリット
圧倒的な知名度とブランド力エコバックスと比べて価格が高い
豊富なラインナップと機能水拭き機能は一部の機種のみ
充実したカスタマーサポートアプリの使い勝手がいまいち
高い下取り査定額一部の機種で騒音が大きい
長い歴史と実績
ルンバのメリットとデメリット

最高性能を求める人向け

王道の人気モデルが欲しい人向け

水拭き機能が欲しい人向け

とにかくコスパ重視の人向け

本記事では家電量販店マネージャーの私が、「エコバックス(DEEBOT)」と「ルンバ」の違いを徹底比較した結果を解説しています。

この記事を読めば、「エコバックス(DEEBOT)」と「ルンバ」を比較した結果が分かり、あなたにピッタリのロボット掃除機が分かります!

ロボット掃除機の購入で絶対に失敗したくない人は、ぜひ最後までご覧ください。

タップできる目次

エコバックスとルンバ比較(基本情報)

エコバックス ルンバ 比較 違い どっち

メーカーの基本情報を比較した結果は以下の通りです。

エコバックス(DEEBOT)
iRobot(ルンバ)
  • 中国製
  • 世界売り上げ台数は累計2,200万台
  • 中国でNo.1、ヨーロッパでNo.2のシェアを誇る
  • 価格が安い商品が多い
  • 全機種に水拭き機能が搭載されている
  • アメリカ製
  • 世界売り上げ台数は累計4,000万台
  • 価格が高い商品が多い
  • 水拭き機能があるのは「j7+コンボ」のみ
  • 商品の色はブラックorグレー

エコバックスの概要

ルンバ エコバックス 比較 どっち
会社概要(エコバックスジャパン)
会社名エコバックジャパン株式会社
主な事業家庭用ロボット製品の製造・販売
本社所在地日本・東京(本社は中国)
設立年月2014年
売り上げ台数(全世界)累計2,200万台
エコバックス社の概要
エコバックスの特徴
  • 本社は中国で、中国No.1のロボット掃除機メーカー
  • 世界50の国と地域で販売されており、ロボット掃除機の競争が激しいヨーロッパでシェア第2位
  • 毎年20以上の新しいロボット製品の開発に取り組んでいる
  • 全機種に水拭き機能が搭載されている
  • 価格は全体的に安く設定されている
あきら

エコバックスは全機種に水拭き機能が搭載されているので、その他機能の比較で機種を選べます。

\ 吸引力重視の人の選ばれています /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

ルンバの概要

ルンバ エコバックス 比較 どっち
会社概要(アイロボットジャパン)
会社名iRobot Japan G.K.
主な事業ロボット掃除機の開発、製造
本社所在地日本・東京(本社はアメリカ)
設立年月2017年 3月
売り上げ台数(全世界)累計4,000万台
アイロボット社の概要
ルンバの特徴
  • ロボット掃除機の中で、ダントツの人気がある(世界シェアNo.1
  • ロボット掃除機のパイオニアで、機能面など総合力でNo.1
  • ロボット掃除機の中では価格が高い商品が多い
  • 水拭き機能は「ルンバ コンボ j7+」のみ
  • 商品の色はブラックorグレー

\ ルンバで唯一水拭きができる機種ならコレ /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

エコバックスとルンバ比較(メリット・デメリット)

エコバックスとルンバ比較(メリット・デメリット)

エコバックスとルンバのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

エコバックスのメリット・デメリット

エコバックスのメリット
エコバックスのデメリット
  • ルンバより価格が安い
  • 水拭き機能が全機種標準搭載
  • アプリの使い勝手が良い
  • 静音設計
  • マッピング機能が優秀
  • ルンバと比べて知名度が低い
  • カスタマーサポートが発展途上
  • 下取り査定額が低い
  • 一部の機種で吸引力が弱い
エコバックスのメリット

1. ルンバより価格が安い

同等の機能を持つモデルを比べた場合、エコバックスはルンバよりも1万円~2万円程度安く購入できます。初めてロボット掃除機を購入する方や、予算を抑えたい方におすすめです。

2. 水拭き機能が全機種標準搭載

エントリーモデルから上位モデルまで、全ての機種に水拭き機能が標準搭載されています。掃除と水拭きを同時にできるので、床を清潔に保ちたい方におすすめです。

3. アプリの使い勝手が良い

スマホアプリで掃除の予約やスケジュール設定、清掃履歴の確認などが簡単にできます。日本語にも対応しているので、操作に迷う心配もありません。

4. 静音設計

動作音が静かなので、夜間や赤ちゃんがいる家庭でも安心して使用できます。

5. マッピング機能が優秀

部屋の形状を正確に記憶し、効率的な清掃ルートを走行します。掃除の抜け漏れを防ぎ、短時間で部屋全体を掃除できます。

エコバックスのデメリット

1. 知名度が低い

ルンバに比べて知名度が低いため、実店舗での展示や口コミ情報が少ない。購入前に実機を見たり、ユーザーのリアルな声を聞きにくいです。

2. カスタマーサポートが発展途上

電話サポートは日本語対応が限られている。チャットサポートは24時間対応だが、回答が遅れたり、解決に至らない場合があります。

3. 下取り査定額が低い

ルンバに比べて下取り査定額が低く、買い替え時の費用負担が大きくなる。

4. 一部の機種で吸引力が弱い

上位機種は強力な吸引力を持つが、低価格帯の機種は吸引力が弱く、ゴミの取り残しが出やすい。

ルンバのメリット・デメリット

ルンバのメリット
ルンバのデメリット
  • 圧倒的な知名度とブランド力
  • 豊富なラインナップと機能
  • 充実したカスタマーサポート
  • 高い下取り査定額
  • 長い歴史と実績
  • エコバックスと比べて価格が高い
  • 水拭き機能は一部の機種のみ
  • アプリの使い勝手がいまいち
  • 一部の機種で騒音が大きい
ルンバのメリット

1. 圧倒的な知名度とブランド力

圧倒的な知名度とブランド力を持つルンバは、ロボット掃除機の代名詞とも言える存在です。長年の実績と技術力により、高い信頼性と安心感を得られます。

2. ニーズに合わせた豊富なラインナップ

シンプルなベーシックモデルから、高機能なマッピング機能搭載モデルまで、幅広いラインナップから予算やニーズに合った最適なルンバを選ぶことができます。

3. 充実したカスタマーサポート

充実したカスタマーサポートは、ルンバの大きな魅力です。電話やメール、チャットなど、様々な方法で迅速なサポートを受けることができます。

4. 高価買取で買い替えも安心

ルンバは高い下取り査定額が期待できるので、買い替え時も経済的です。最新モデルへの買い替えもスムーズに行えます。

5. 長い歴史と実績

長い歴史と実績の中で培ってきた技術力と、常に進化し続ける革新性により、ルンバは常にロボット掃除機の最先端を走り続けています。

ルンバのデメリット

1. 価格

エコバックスと比べると、ルンバは全体的に価格帯が高めです。機能や性能が充実している分、コストも高くなります。予算重視の方には、エコバックスの方が選択肢に入りやすいでしょう。

2. 水拭き機能

すべての機種に水拭き機能が搭載されているわけではありません。水拭き機能付きの機種はさらに価格が高くなります。水拭き機能を頻繁に使う予定であれば、最初から水拭き機能付きの機種を選ぶことをおすすめします。

3. アプリ

アプリの使い勝手は人によって意見が分かれます。設定や操作自体は難しくありませんが、Wi-Fi接続やマップ作成など、一部の機能で不具合や接続エラーが発生するケースも報告されています。

4. 騒音

機種によって、掃除中の音が大きめのものがあります。とくに吸引力が強い上位機種は、稼働音が気になる場合があります。静音性にこだわる方は、静音設計の機種を選ぶことをおすすめします。

エコバックスとルンバ比較(価格について)

エコバックスとルンバ比較(価格について)

エコバックスとルンバの価格について、左から価格が高い順に並べました。

あきら

記載されている価格はすべて定価です。ロボット掃除機はセールで安くなっていることが多いので、Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング購入前に比較することをおすすめします。

スクロールできます
エコバックス製品DEEBOT X2 OMNI
X2 OMNI
T30 PRO OMNI
T30 PRO OMNI
エコバックスT20  OMN
T20 OMNI
DEEBOT X1 OMNI
X1 OMNI
DEEBOT X1 TURBO
X1 TURBO
エコバックス T20e  OMNI
T20e OMNI
DEEBOT T10 OMNI
T10 OMNI
DEEBOT X1 PLUS
X1 PLUS
DEEBOT T10 PLUS
T10 PLUS
DEEBOT T9+
T9+
DEEBOT T10
T10
DEEBOT T9
T9
DEEBOT N8 PRO+
N8 PRO+
DEEBOT OZMO T8+
OZMO T8+
DEEBOT N10
N10
DEEBOT N8 PRO
N8 PRO
DEEBOT OZMO 950
DEEBOT OZMO 950
価格(税込)239,800円179,800円179,800円158,000円159,800円149,800円149,800円149,800円139,800円129,800円109,800円99,800円85,000円59,800円59,800円45,800円39,800円
エコバックスの製品一覧
スクロールできます
ルンバコンボ j9+
コンボ j9+
ルンバs9+
s9+
コンボj9+SD
コンボj9+SD
ルンバj7  コンボプラス
コンボ j7+
j9+
j9+
ルンバj7+
j7+
j9
j9
ルンバj7
j7
ルンバi5+
i5+
i3+
i3+
ルンバi5
i5
ルンバi3
i3
ルンバi2
i2
価格(税込)199,800円186,780円169,800円159,800円139,800円129,800円109,800円99,800円79,800円79,800円49,800円49,800円39,800円
ルンバの製品一覧

各機種の機能比較については「エコバックスの全商品の比較」「ルンバの全商品の比較」をご覧ください。

エコバックスとルンバ比較(DEEBOT T20とルンバj7+について)

エコバックス ルンバ 比較 違い どっち

「エコバックス」と「ルンバ」の性能についての詳細を比較したのが以下の表です。

それぞれ商品の種類が多いので、今回はエコバックス「DEEBOT T20 OMNI」とルンバ「j7+」について比較しました。

あきら

項目をタップすると、機能ごとの詳しい比較説明に飛べます

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
サイズ(本体の高さ)10.3cm8.7cm
吸引力6,000Pa600シリーズの10倍
障害物回避できるできる
進入禁止エリアの指定できるできる
ゴミステーション最大60日分約365日分
マッピング機能
(家の地図を作成する機能)
ありあり
水拭き機能業界初!
モップを55℃の温水で洗浄
あり
スマホ・アプリ連携できるできる
価格179,800円(税込)159,800円(税込)
エコバックスとルンバ比較表
あきら

エコバックス全機種に水拭き機能ありルンバで水拭き機能が搭載されているのは「ルンバ コンボ j7+、コンボj9+、コンボj9+SD」だけです。

水拭きの機能にこだわるなら、業界初の温水洗浄を搭載した「エコバックス DEEBOT T20 OMNI」がおすすめだね!

\ 水拭きができる機種で一番安い /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ エコバックスの最上位機種 /

\ 王道の人気モデル /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

サイズ(本体の高さ)

エコバックスとルンバの比較ポイントの1つ目は、「サイズ(本体の高さ)」です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
サイズ(本体の高さ)10.3cm 8.7cm
エコバックスとルンバの「高さ」の違い

高さを意識せずに購入すると、「家具の下を通過できない」といった状態になり、とても困ることになります。できる限り薄型タイプを選ぶのがポイントです。

あきら

エコバックスの「DEEBOT T20 OMNI」はルンバより厚みがあるので、事前に自宅のソファや家具の足の高さを測っておくことをおすすめします。

吸引力

吸引力

エコバックスとルンバの比較ポイントの2つ目は、「吸引力」です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
吸引力 6,000Pa 600シリーズの10倍
エコバックスとルンバの「吸引力」の違い

公式ホームページを見ると、エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」の吸引力は数値で示されており、カーペットの奥に入り込んだ微細なハウスダストからペットのトイレ砂などの大きめのゴミまでパワフルに吸い込みます。

新しいゴムブラシは耐久性が高く、カーペットを強力にかき回し、多くの汚れを取り除きます。

しかし、「ルンバ コンボ j7+」の旧型「600シリーズの10倍」としか記載されておりません。

あきら

エコバックスとルンバのどっちの吸引力が強いか?ということは正確に比べることができません。

障害物回避

障害物回避

エコバックスとルンバの比較ポイントの3つ目は、「障害物回避」の有無です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
障害物回避できるできる
エコバックスとルンバの「障害物回避能力」の違い

「ルンバ コンボ j7+」、エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」ともに障害物を検知して回避する機能が搭載されています。

「ルンバ コンボ j7+」はiRobot Home アプリに接続し、障害物検知が自動(推奨)の状態で使用する必要がある点に注意が必要。

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」は、走行中の障害物をリアルタイムで3Dスキャンし、暗い環境でも走行できます。

あきら

「ルンバ コンボ j7+」は障害物検知をONにするのが少し手間に感じました。

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」の方が障害物検知のセンサーが多いので、「ルンバ コンボ j7+」より障害物回避能力が高いといえます。

進入禁止エリアの指定

エコバックスとルンバの比較ポイントの4つ目は、「進入禁止エリアの指定」です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
進入禁止エリアの指定できるできる
エコバックスとルンバの「高進入禁止エリア指定」の違い

ルンバ コンボ j7+」、エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」ともに、進入禁止エリアの設定が可能です。

「ルンバ コンボ j7+」もエコバックス「DEEBOT T20 OMNI」も、進入禁止エリアを自動で検出する機能はありません

あきら

一度マッピング走行でマップ作成後、スマホのアプリから設定が必要です。

ゴミステーション

エコバックスとルンバの比較ポイントの5つ目は、「ゴミステーション」です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
ゴミステーション約60日分約365日分
エコバックスとルンバの「ゴミステーション」の違い

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」「ルンバ コンボ j7+」、ともにゴミステーションが装備されており、お掃除後は自動でゴミを回収してくれます。

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」は、約60日分(3.0L)のゴミを本体から自動で吸い上げ、ゴミを捨てる手間を大幅に削減。

ルンバ コンボ j7+」は、約365日分のゴミをお掃除後に自動で吸い上げてくれます。

あきら

紙パックの交換頻度は「ルンバ コンボ j7+」が少なく済むので、エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」より優れているといえます。

\ 水拭きができる機種で一番安い /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ エコバックスの最上位機種 /

\ 王道の人気モデル /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

マッピング機能(家の地図を作成する機能)

エコバックスとルンバの比較ポイントの6つ目は、「マッピング機能(家の地図を作成する機能)」です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
マッピング機能
(家の地図を作成する機能)
ありあり
エコバックスとルンバの「マッピング機能」の違い

マッピング機能とは、「センサーで部屋の間取りを把握し、効率よく掃除するための機能」です。

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」「ルンバ コンボ j7+」、ともにマッピング機能が搭載されており、スマホで以下のように部屋の地図を確認できます。

ルンバのマッピング地図

マッピング地図と実際の家具の配置などとの一致率は99%と言われており、我が家で活躍している「ルンバ コンボ j7+」もかなり正確だといえます。

あきら

どちらかのマッピング機能が優れているとは言えないので、両社とも同等レベルと思ってOKです。

水拭き機能

エコバックスとルンバの比較ポイントの7つ目は、「水拭き機能」です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
水拭き機能業界初!
モップを55℃の温水で洗浄
あり
エコバックスとルンバの「水拭き機能」の違い

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」、「ルンバ コンボ j7+」、ともに水拭き機能が搭載されています。

ただし、2社の水拭き機能には大きな差があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」の水拭きの特徴
  • モップは回転タイプで、しっかりと水拭きができる
  • 水拭き中および終了時にモップを自動で温水洗浄乾燥してくれる(業界初の温水洗浄
  • カーペットを検知すると、モップとメインブラシが自動でリフトアップする

エコバックスは全ての機種に最低限の水拭き機能が搭載されています。

エコバックスのモップ
モップの冷水洗浄と温水洗浄
ルンバ コンボ j7+」の水拭きの特徴
  • 水拭き機能が搭載されているのは、「ルンバ コンボ j7+」のみ
  • モップパッドは掃除後に自分で交換・乾かす必要がある
  • モップパッドが本体の上まで持ち上がるので、絨毯や毛足の長いラグでも濡れない
モップパッド交換
モップパッドが本体上まで持ち上がる

水拭きであれば、水拭きに特化した「ブラーバm6」がおすすめ

あきら

水拭き性能を比較すると、圧倒的にエコバックス「DEEBOT T20 OMNI」の方が優れていることが分かります。

エコバックス全ての機種に水拭き機能が搭載されているから、水拭き重視の人ならエコバックスを選択するのが良さげだね!

スマホ・アプリ連携

エコバックスとルンバの比較ポイントの8つ目は、「スマホ・アプリ連携」です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
スマホ・アプリ連携できるできる
エコバックスとルンバの「スマホ・アプリ連携」の違い

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」「ルンバ コンボ j7+」、ともに専用アプリをスマホにインストールして操作する仕様となっています。

スマホアプリで主にできること
  • 外出先からWi-Fi経由で操作・状態の確認
  • 掃除予約の設定
  • 掃除エリア・ルートの指定
  • 進入禁止エリアの指定
  • 水拭き禁止エリアの設定
  • 清掃履歴の確認
  • 複数マップの保存
あきら

アプリ・スマホ連携については、両者どちらかが明らかにアプリが使いにくいなどということはなく、機能もほぼ同等と言えます。

価格

エコバックスとルンバの比較ポイントの9つ目は、「価格」です。

エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
エコバックス
(DEEBOT T20 OMNI)
ルンバJ7+
ルンバ
(コンボ j7+)
価格179,800円(税込)159,800円(税込)
エコバックスとルンバの「価格」の違い

両者とも上位モデルということもあって、価格は10万円以上はします。

エコバックスシリーズは安いことで有名ですが、最近は機能が豊富になったことにより、少し価格は上がっている傾向にあります。

あきら

エコバックス「DEEBOT T20 OMNI」や「ルンバ コンボ j7+」を少しでも安く買いたい人は「ロボット掃除機を安く買う方法」をご覧ください。

自分に合うロボット掃除機が知りたい人は「タイプ別おすすめ商品」をご覧ください。

\ エコバックスの最上位機種 /

\ 王道の人気モデル /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ 水拭きができる機種で一番安い /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

エコバックスの全商品の比較

「エコバックス」の全商品比較

現在販売されている商品について、一覧にまとめました。

エコバックス社の製品は全ての機種に「水拭き機能」が搭載されているのが一番の特徴です。

タイプ別おすすめ機種
スクロールできます
T30 PRO OMNI
T30 PRO OMNI
エコバックス T20e  OMNI
T20e OMNI
エコバックスX2OMNI
X2 OMNI
エコバックスT20  OMN
T20 OMNI
DEEBOT X1 OMNI
X1 OMNI
DEEBOT Y1 PRO PLUS
Y1 PRO PLUS
DEEBOT Y1 PLUS
Y1 PLUS
DEEBOT Y1 PRO
Y1 PRO
DEEBOT Y1
Y1
DEEBOT T10 OMNI
T10 OMNI
DEEBOT T10 PLUS
T10 PLUS
DEEBOT T10T10DEEBOT X1 PLUS
X1 PLUS
DEEBOT X1 TURBO
X1 TURBO
DEEBOT T9+
T9+
DEEBOT T9
DEEBOT T9
DEEBOT OZMO T8+
OZMO T8+
DEEBOT N10
N10
DEEBOT N8 PRO+
N8 PRO+
DEEBOT N8 PRO
N8 PRO
DEEBOT OZMO 950
DEEBOT OZMO 950
吸引力11,000Pa7100Pa8000Pa6,000Pa5,000Pa6,500Pa5,000Pa6,500Pa5,000Pa5,000Pa3,000Pa3,000Pa5,000Pa5,000Pa3,000Pa3,000Pa1,600Pa4,300Pa2,600Pa2,600Pa1,600Pa
稼働時間290分260分212分260分260分270分270分270分270分260分260分260分260分260分175分175分175分吸引のみ300分
吸引+水拭き200分
110分110分200分
マッピング性能の精度過去最高
障害物回避できるできるできる
過去最高
できるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできない
T30 PRO OMNI
T30 PRO OMNI
エコバックス T20e  OMNI
T20e OMNI
エコバックスX2OMNI
X2 OMNI
エコバックスT20  OMN
T20 OMNI
DEEBOT X1 OMNI
X1 OMNI
DEEBOT Y1 PRO PLUS
Y1 PRO PLUS
DEEBOT Y1 PLUS
Y1 PLUS
DEEBOT Y1 PRO
Y1 PRO
DEEBOT Y1
Y1
DEEBOT T10 OMNI
T10 OMNI
DEEBOT T10 PLUS
T10 PLUS
DEEBOT T10
T10
DEEBOT X1 PLUS
X1 PLUS
DEEBOT X1 TURBO
X1 TURBO
DEEBOT T9+
T9+
DEEBOT T9
T9
DEEBOT OZMO T8+
OZMO T8+
DEEBOT N10
N10
DEEBOT N8 PRO+
N8 PRO+
DEEBOT N8 PRO
N8 PRO
DEEBOT OZMO 950
OZMO 950
進入禁止エリアの指定できるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできる
モップの形状回転式回転式回転式回転式回転式シートシートシートシート回転式振動式振動式振動式回転式振動式振動式シートシートシートシートシート
水拭き機能パワフル水拭き
自動給水
55℃温水洗浄あり
パワフル水拭き
自動給水 
パワフル水拭き
自動給水
55℃温水洗浄あり
パワフル水拭き
自動給水
55℃温水洗浄あり
パワフル水拭き
自動給水 
ノーマル水拭きノーマル水拭きノーマル水拭きノーマル水拭きパワフル水拭き
自動給水 
パワフル水拭きパワフル水拭きパワフル水拭き
自動給水 
パワフル水拭き
自動給水 
パワフル水拭きパワフル水拭きノーマル水拭きノーマル水拭きノーマル水拭きノーマル水拭きノーマル水拭き
ゴミ捨て頻度自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大150日分
自動ゴミ収集
最大150日分
使用後毎回使用後毎回自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
使用後毎回自動ゴミ収集
最大60日分
使用後毎回自動ゴミ収集
最大60日分
使用後毎回自動ゴミ収集
最大60日分
使用後毎回自動ゴミ収集
最大60日分
使用後毎回使用後毎回
T30 PRO OMNI
T30 PRO OMNI
エコバックス T20e  OMNI
T20e OMNI
エコバックスX2OMNI
X2 OMNI
エコバックスT20  OMN
T20 OMNI
DEEBOT X1 OMNI
X1 OMNI
DEEBOT Y1 PRO PLUS
Y1 PRO PLUS
DEEBOT Y1 PLUS
Y1 PLUS
DEEBOT Y1 PRO
Y1 PRO
DEEBOT Y1
Y1
DEEBOT T10 OMNI
T10 OMNI
DEEBOT T10 PLUS
T10 PLUS
DEEBOT T10
T10
DEEBOT X1 PLUS
X1 PLUS
DEEBOT X1 TURBO
X1 TURBO
DEEBOT T9+
T9+
DEEBOT T9
T9
DEEBOT OZMO T8+
OZMO T8+
DEEBOT N10
N10
DEEBOT N8 PRO+
N8 PRO+
DEEBOT N8 PRO
N8 PRO
DEEBOT OZMO 950
OZMO 950
ゴミステーションありありありありありありありなしなしありありなしありなしありなしありなしなしなしなし
ニオイ対策なしなしなしなしなしなしなしなしなしなし芳香剤内臓芳香剤内臓芳香剤内臓なし芳香剤内臓なしなしなしなしなしなし
見守りカメラありなしありなしありなしなしなしなしありありありありありなしなしなしなしなしなしなし
音声アシスタント
YIKO(イコ)
ありなしありありありありありありありありありありありありなしなしなしなしなしなしなし
価格(税込)179,800円149,800円239,800円179,800円158,000円89,800円79,800円59,800円49,800円149,800円139,800円109,800円149,800円159,800円129,800円99,800円59,800円59,800円85,000円45,800円39,800円
エコバックスの製品一覧

\ 吸引力重視の人の選ばれています /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

【エコバックス比較】ゴミステーションあり・障害物回避機能あり

スクロールできます
T30 PRO OMNI
T30 PRO OMNI
エコバックス T20e  OMNI
T20e OMNI
エコバックスX2OMNI
X2 OMNI
エコバックスT20  OMN
T20 OMNI
DEEBOT X1 OMNI
X1 OMNI
DEEBOT Y1 PRO PLUS
Y1 PRO PLUS
DEEBOT Y1 PLUS
Y1 PLUS
DEEBOT T10 OMNI
T10 OMNI
DEEBOT T10 PLUS
T10 PLUS
DEEBOT X1 PLUS
X1 PLUS
DEEBOT X1 TURBO
X1 TURBO
DEEBOT T9+
T9+
DEEBOT OZMO T8+
OZMO T8+
DEEBOT N8 PRO+
N8 PRO+
吸引力11,000Pa7100Pa8000Pa6,000Pa5,000Pa6,500Pa5,000Pa5,000Pa3,000Pa5,000Pa5,000Pa3,000Pa1,600Pa2,600Pa
稼働時間290分260分212分260分260分270分270分260分260分260分260分175分175分110分
マッピング性能の精度過去最高
障害物回避できるできるできる
過去最高
できるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできる
T30 PRO OMNI
T30 PRO OMNI
エコバックス T20e  OMNI
T20e OMNI
エコバックスX2OMNI
X2 OMNI
エコバックスT20  OMN
T20 OMNI
DEEBOT X1 OMNI
X1 OMNI
DEEBOT Y1 PRO PLUS
Y1 PRO PLUS
DEEBOT Y1 PLUS
Y1 PLUS
DEEBOT T10 OMNI
T10 OMNI
DEEBOT T10 PLUS
T10 PLUS
DEEBOT X1 PLUS
X1 PLUS
DEEBOT X1 TURBO
X1 TURBO
DEEBOT T9+
T9+
DEEBOT OZMO T8+
OZMO T8+
DEEBOT N8 PRO+
N8 PRO+
進入禁止エリアの指定できるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできるできる
モップの形状回転式回転式回転式回転式回転式シートシート回転式振動式振動式回転式振動式シートシート
水拭き機能パワフル水拭き
自動給水
55℃温水洗浄あり
パワフル水拭き
自動給水 
パワフル水拭き
自動給水
55℃温水洗浄あり
パワフル水拭き
自動給水
55℃温水洗浄あり
パワフル水拭き
自動給水 
ノーマル水拭きノーマル水拭きパワフル水拭き
自動給水 
パワフル水拭きパワフル水拭き
自動給水 
パワフル水拭き
自動給水 
パワフル水拭きノーマル水拭きノーマル水拭き
ゴミ捨て頻度自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大150日分
自動ゴミ収集
最大150日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
使用後毎回自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
自動ゴミ収集
最大60日分
T30 PRO OMNI
T30 PRO OMNI
エコバックス T20e  OMNI
T20e OMNI
エコバックスX2OMNI
X2 OMNI
エコバックスT20  OMN
T20 OMNI
DEEBOT X1 OMNI
X1 OMNI
DEEBOT Y1 PRO PLUS
Y1 PRO PLUS
DEEBOT Y1 PLUS
Y1 PLUS
DEEBOT T10 OMNI
T10 OMNI
DEEBOT T10 PLUS
T10 PLUS
DEEBOT X1 PLUS
X1 PLUS
DEEBOT X1 TURBO
X1 TURBO
DEEBOT T9+
T9+
DEEBOT OZMO T8+
OZMO T8+
DEEBOT N8 PRO+
N8 PRO+
ゴミステーションありありありありありありありありありありなしありありなし
ニオイ対策なしなしなしなしなしなしなしなし芳香剤内臓芳香剤内臓なし芳香剤内臓なしなし
見守りカメラありなしありなしありなしなしありありありありなしなしなし
音声アシスタント
YIKO(イコ)
ありなしありありありありありありありありありなしなしなし
価格(税込)179,800円149,800円239,800円179,800円158,000円89,800円79,800円149,800円139,800円149,800円159,800円129,800円59,800円85,000円
【エコバックス比較】ゴミステーションあり・障害物回避機能あり

ゴミステーションあり・障害物回避機能あり」で比較すると、「T30 PRO OMNI」か「X2 OMNI」がおすすめです。

吸引力重視の人は吸引力No.1の「T30 PRO OMNI」をおすすめします。

吸引力が少し落ちても良いという人は、吸引力以外ほぼ同等性能の「T20 OMNI」がおすすめです。(「X2 OMNI」より60,000円安い

\ 吸引力重視の人の選ばれています /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ エコバックス史上最高性能 /

\ 王道の人気モデル /

【エコバックス比較】ゴミステーションあり・障害物回避機能なし

「ゴミステーションあり・障害物回避機能なし」の機種はエコバックスにはありません。

エコバックスの「ゴミステーションあり」の製品にはすべて「障害物回避機能」が搭載されています。

【エコバックス比較】ゴミステーションなし・障害物回避機能あり

スクロールできます
DEEBOT Y1 PRO
Y1 PRO
DEEBOT Y1
Y1
DEEBOT T10
T10
DEEBOT T9
T9
DEEBOT N10
N10
DEEBOT N8 PRO
N8 PRO
吸引力6,500Pa5,000Pa3,000Pa3,000Pa4,300Pa2,600Pa
稼働時間270分270分260分175分吸引のみ300分
吸引+水拭き200分
110分
マッピング性能の精度
障害物回避できるできるできるできるできるできる
DEEBOT Y1 PRO
Y1 PRO
DEEBOT Y1
Y1
DEEBOT T10
T10
DEEBOT T9
T9
DEEBOT N10
N10
DEEBOT N8 PRO
N8 PRO
進入禁止エリアの指定できるできるできるできるできるできる
モップの形状シートシート振動式振動式シートシート
水拭き機能ノーマル水拭きノーマル水拭きパワフル水拭きパワフル水拭きノーマル水拭きノーマル水拭き
ゴミ捨て頻度使用後毎回使用後毎回使用後毎回使用後毎回使用後毎回使用後毎回
DEEBOT Y1 PRO
Y1 PRO
DEEBOT Y1
Y1
DEEBOT T10
T10
DEEBOT T9
T9
DEEBOT N10
N10
DEEBOT N8 PRO
N8 PRO
ゴミステーションなしなしなしなしなしなし
ニオイ対策なしなし芳香剤内臓なしなしなし
ビデオ見守りなしなしありなしなしなし
音声アシスタント
YIKO(イコ)
ありありありなしなしなし
価格(税込)59,800円49,800円109,800円99,800円59,800円45,800円
【エコバックス比較】ゴミステーションなし・障害物回避機能あり

ゴミステーションなし・障害物回避機能あり」で比較すると、「Y1 PRO」「DEEBOT N10」「DEEBOT T10」がおすすめです。

とにかく吸引力重視水拭き機能をあまり使わない人⇒「Y1 PRO」(上位機種に匹敵する吸引力)

吸引力はほどほどで、水拭きをしっかりしてほしい人→「DEEBOT N10

ニオイ対策ビデオ見守り機能音声アシスタントが欲しい人→「DEEBOT T10

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ ニオイ対策・ビデオ見守り機能・音声アシスタントがほしい人向け /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ 吸引力を重視したい人 /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

【エコバックス比較】ゴミステーションなし・障害物回避機能なし

DEEBOT OZMO 950
OZMO 950
吸引力1,600Pa
稼働時間200分
マッピング性能の精度
障害物回避できない
DEEBOT OZMO 950
OZMO 950
進入禁止エリアの指定できる
モップの形状シート
水拭き機能ノーマル水拭き
ゴミ捨て頻度使用後毎回
DEEBOT OZMO 950
OZMO 950
ゴミステーションなし
ニオイ対策なし
ビデオ見守りなし
音声アシスタント
YIKO(イコ)
なし
価格(税込)39,800円
ゴミステーションなし・障害物回避機能なし

ゴミステーションなし・障害物回避機能なし」で比較すると、現在は「DEEBOT OZMO 950」のみです。

ルンバの全商品の比較

ルンバ エコバックス 比較 どっち

現在販売されている商品について、一覧にまとめました。

ルンバのおすすめ機種
  • 吸引力重視→「s9+」
  • フル装備の機能重視→「コンボ j9+」、「コンボ j7+
  • 王道の人気機種→ 「j9+」、「j7+
  • 水拭き機能重視→「コンボ j9+」、「コンボj9+SD」、「j7 コンボ +」
  • 価格重視→「i2」
  • ゴミステーションあり・障害物回避機能あり・水拭き機能あり→「コンボ j9+」が一番おすすめ
  • ゴミステーションあり・障害物回避機能あり・水拭き機能なし→「j9+」が一番おすすめ
  • ゴミステーションなし・障害物回避機能あり・水拭き機能なし→「j9」が一番おすすめ
  • ゴミステーションなし・障害物回避機能なし・水拭き機能なし→「i5」が一番おすすめ
スクロールできます
ルンバs9+
s9+
ルンバコンボ j9+
コンボ j9+
コンボj9+SD
コンボj9+SD
j9+
j9+
j9
j9
ルンバj7  コンボプラス
コンボ j7
+
ルンバj7+
j7+
ルンバj7
j7
ルンバi5+
i5+
ルンバi5
i5
i3+
i3+
ルンバi3
i3
ルンバi2
i2
吸引力
(600シリーズと比較)
40倍20倍20倍20倍20倍10倍10倍10倍10倍10倍10倍10倍10倍
対応できる部屋数5以上5以上5以上5以上5以上5以上5以上3~43~43~43~43~43~4
マッピング機能
(家の地図を作成する機能)
ありありありありありありありありありありありありなし
障害物回避できないできるできるできるできるできるできるできるできないできないできないできないできない
ルンバs9+
s9+
ルンバコンボ j9+
コンボ j9+
コンボj9+SD
コンボj9+SD
j9+
j9+
j9
j9
ルンバj7  コンボプラス
j7 コンボ +
ルンバj7+
j7+
ルンバj7
j7
ルンバi5+
i5+
ルンバi5
i5
i3+
i3+
ルンバi3
i3
ルンバi2
i2
進入禁止エリアの指定できるできるできるできるできるできるできるできるできないできないできないできないできない
水拭き機能なしありあり
(自動給水なし)
なしなしありなしなしなしなしなしなしなし
ゴミステーションありありありありなしありありなしありなしありなしなし
価格(税込)186,780円199,800円169,800円139,800円109,800円159,800円129,800円99,800円79,800円49,800円79,800円49,800円39,800円
ルンバの製品比較

\ 水拭きタイプの最新モデル /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ 水拭きタイプの旧モデル /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ ルンバの王道の人気機種ならコレ /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ ルンバで王道の人気機種 /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

【ルンバ比較】ゴミステーションあり・障害物回避機能あり・水拭き機能あり

ルンバコンボ j9+
コンボ j9+
コンボj9+SD
コンボj9+SD
吸引力
(600シリーズと比較)
20倍20倍
対応できる部屋数5以上5以上
マッピング機能
(家の地図を作成する機能)
ありあり
障害物回避できるできる
ルンバコンボ j9+
コンボ j9+
コンボj9+SD
コンボj9+SD
進入禁止エリアの指定できるできる
水拭き機能ありあり
(自動給水なし)
ゴミステーションありあり
価格(税込)199,800円169,800円
ルンバの製品比較

ゴミステーションあり・障害物回避機能あり・水拭き機能あり」で比較すると、最新モデルの「コンボ j9+」が一番おすすめです。

\ 水拭きタイプの最新モデル /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

【ルンバ比較】ゴミステーションあり・障害物回避機能あり・水拭き機能なし

j9+
j9+
ルンバj7+
j7+
吸引力
(600シリーズと比較)
20倍10倍
対応できる部屋数5以上5以上
マッピング機能
(家の地図を作成する機能)
ありあり
障害物回避できるできる
j9+
j9+
ルンバj7+
j7+
進入禁止エリアの指定できるできる
水拭き機能なしなし
ゴミステーションありあり
価格(税込)139,800円129,800円
ルンバの製品比較

ゴミステーションあり・障害物回避機能あり・水拭き機能なし」で比較すると、最新モデルの「j9+」が一番おすすめです。

\ 水拭きが不要ならこれが一番おすすめ /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

【ルンバ比較】ゴミステーションなし・障害物回避機能あり・水拭き機能なし

j9
j9
ルンバj7
j7
吸引力
(600シリーズと比較)
20倍10倍
対応できる部屋数5以上3~4
マッピング機能
(家の地図を作成する機能)
ありあり
障害物回避できるできる
j9
j9
ルンバj7
j7
進入禁止エリアの指定できるできる
水拭き機能なしなし
ゴミステーションなしなし
価格(税込)109,800円99,800円
ルンバの製品比較

ゴミステーションなし・障害物回避機能あり・水拭き機能なし」で比較すると、最新モデルの「j9」が一番おすすめです。

\ 水拭きが不要ならこれが一番おすすめ /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

【ルンバ比較】ゴミステーションなし・障害物回避機能なし・水拭き機能なし

ルンバi5
i5
ルンバi3
i3
ルンバi2
i2
吸引力
(600シリーズと比較)
10倍10倍10倍
対応できる部屋数3~43~43~4
マッピング機能
(家の地図を作成する機能)
ありありなし
障害物回避できないできないできない
ルンバi5
i5
ルンバi3
i3
ルンバi2
i2
進入禁止エリアの指定できないできないできない
水拭き機能なしなしなし
ゴミステーションなしなしなし
価格(税込)49,800円49,800円39,800円
ルンバの製品比較

ゴミステーションなし・障害物回避機能なし・水拭き機能なし」で比較すると、「i5」が一番おすすめです。

ルンバ「i5」はi3にはない「マッピング機能(家の地図を作成する機能)」を備えているので、効率よく掃除ができます。

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

エコバックスとルンバ|タイプ別・おすすめ商品について

ルンバ エコバックス 比較 どっち

エコバックス」と「ルンバ」の比較表を見てもまだ決めきれない人のために、タイプ別・おすすめ商品をまとめました。

「価格は気にしない!」とりあえず最上位モデル

スクロールできます
T30 PRO OMNI
T30 PRO OMNI
エコバックスX2OMNI
X2 OMNI
最大吸引力11,000Pa8,000Pa
エコバックスDEEBOT「X2OMNI//T30PROOMNI」の違い比較表

エコバックスの最上位モデルは「DEEBOT X2 OMNI」です。ただし、吸引力だけでみれば「DEEBOT T30 PRO」の方が優れています。

X2もT30 PROも業界初の水拭きモップの55℃洗浄が搭載されているのが一番の特徴です。

あきら

「吸引掃除~水拭き~掃除後の自動ゴミ収集~モップの清掃」まで、掃除すべてを任せたい人におすすめの機種です。

\ 掃除から水拭きまでこなせるロボット掃除機の王様 /

\ 吸引力重視の人の選ばれています /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

ルンバの最上位モデルは「ルンバ s9+」です。

600シリーズと比べて40倍の吸引力独自のD型形状ワイドなゴム製デュアルアクションブラシパワーブーストダストカットフィルターと、圧倒的な清掃能力を誇る最高峰のルンバです。

あきら

ただし、「ルンバ s9+」に水拭き機能はありません。

\ ルンバの最上位機種ならコレ /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

「最上位モデルまでは必要ない!」王道の人気モデル

エコバックスで王道の人気モデルは「DEEBOT T20 OMNI」です。

\ 王道の人気モデル /

ルンバの王道の人気モデルは「ルンバ j9+」「ルンバ j7+」です。

ルンバ j9+」「ルンバ j7+」は、前面カメラで検知した床の障害物を回避できる賢い頭脳を搭載。

自動ゴミ収集機能、エリアごとのスケジュール設定、ダストボックスの水洗いなどもできるので、とにかく楽さを求める方にぴったりな機能満載のルンバです。

あきら

ただし、「ルンバ j9+」「ルンバ j7+」に水拭き機能はありません。

\ ルンバの王道の人気機種ならコレ /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ ルンバの王道の人気機種ならコレ /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

「床の水拭きを任せたい!」水拭き機能搭載モデル

エコバックス社の商品は全ての機種に「水拭き機能」が搭載されています。

現行で最強の水拭き機能を求める人は、最上位モデルの「DEEBOT X2 OMNI」「DEEBOT T30 PRO」「DEEBOT T20 OMNI」かをおすすめします。

あきら

業界初のモップの55℃温水自動洗浄ありで、モップを常に清潔に保ちたい人は、これ一択といえます。

X2とT30 PRO とT20の水拭き性能は同じだから、吸引力を比較すると「DEEBOT T30 PRO」がおすすめだね!

\ 吸引力重視の人の選ばれています /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

ルンバで「水拭き機能」が搭載されているのは、「コンボ j9+」、「コンボj9+SD」、「コンボ j7+」です。

\ 水拭きタイプの最新モデル /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ 水拭きタイプの最新モデル /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ 水拭きタイプの旧モデル /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

「ゴミ収集の手間を省きたい!」ゴミステーション搭載モデル

エコバックスでゴミステーション搭載モデルは複数あり、以下の通りです。

\ 吸引力重視の人の選ばれています /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

ルンバでゴミステーション搭載モデルは複数あり、以下の通りです。

  • s9+】186,780円(税込)
  • コンボ j9+】199,800円(税込)
  • コンボj9+SD】169,800円(税込)
  • j9+】139,800円(税込)
  • コンボ j7+】159,800円(税込)
  • j7+】129,800円(税込)
  • i5+】79,800円(税込)
  • i3+】79,800円(税込)
アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

「とにかく安く!」事前に床の片づけが必要なモデル

エコバックスの中で最安値のモデルは「DEEBOT N8 PRO+」です。

現在在庫限りなどになっているもっと安い商品は対象外としました

\ エコバックスの最安値機種ならコレ /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

ルンバの中で、最安値モデルは「i2」です。

一人暮らしの人や、複数の部屋にまたがって使うなどの用途がなければ、最安値モデル「i2」がおすすめです。

\ ルンバの最安値機種ならコレ /

アイロボット公式 楽天市場店
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

エコバックスとルンバを安く買う方法

ロボット掃除機を安く買う方法

「エコバックス」と「ルンバ」が購入できる場所は、主に以下の3つです。

  • ネットショップ(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)
  • 「メーカー公式サイト」
  • 「家電量販店」

上記の中で、ロボット掃除機を最安値で購入するなら、ネットショップ(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)がおすすめです。

各ネットショップで独自のポイント制度があり、例えば「楽天市場」であれば「常に購入×数%」の楽天ポイントが付与されるので、実質定価以下で購入可能です。

\ 吸引力重視の人の選ばれています /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ 水拭きタイプの最新モデル /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

【体験談】ルンバからエコバックスに乗り換えた私の本音レビュー

【体験談】ルンバからエコバックスに乗り換えた私の本音レビュー

約1年前に長年愛用していたルンバから、ついにエコバックスの「DEEBOT X1 OMNI」に乗り換えました!正直ルンバにも十分満足していたのですが、最新技術を搭載したエコバックスの進化っぷりに心惹かれ、思い切って購入を決断。

まず驚かされたのが、その圧倒的な吸引力です。ルンバよりも明らかにパワフルで、カーペットに潜む細かい埃もしっかり吸い取ってくれます。さらにAI搭載の「TrueMapping 2.0」によるマッピング機能が非常に優秀で、部屋の隅々まで効率的に掃除してくれます。

DEEBOT X1 OMNIは水拭き機能が非常に優秀。自動で水量調節してくれるので、フローリングも安心して掃除できます。さらに吸引と水拭きを同時にできる「コンボモード」は本当に便利!一度の稼働で床をピカピカにしてくれます。

そしてなんといっても魅力的なのが自動ゴミ収集&自動洗浄機能です。掃除が終わると自動でゴミ収集機にゴミを捨て、水拭き用のモップも自動で洗浄&乾燥してくれるので、掃除後の手間がほとんどありません。

スマホアプリとの連携も非常にスムーズです。アプリで掃除スケジュールを設定したり、掃除履歴を確認したり、バーチャルウォールを設置したりと様々な操作が簡単にできます。

ここまで絶賛していますが、唯一の懸念点はやはり価格です。ルンバに比べると高価なモデルなので、予算が限られている方には少しハードルが高いかもしれません。

とはいえ、「DEEBOT X1 OMNI」の進化っぷりは想像以上でした。掃除の仕上がりはもちろん、自動ゴミ収集&自動洗浄機能など、とにかく便利な機能が満載です。

あきら

ロボット掃除機の購入を検討している方は、ぜひDEEBOT X1 OMNIも候補に入れてみてください!

\ コスパ重視の人に選ばれています /

エコバックスジャパン公式 ストア
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

エコバックスとルンバの比較でよくある質問

ルンバとエコバックスに関するよくある質問

エコバックスとルンバの比較で、よくある質問と回答をまとめました。

エコバックスのアプリは怪しいですか?

エコバックスのアプリをインストールすると、権限の許可で「カメラ、メディア、マイク、位置情報、電話」などが求められ、怪しいと感じる人が多いようです。

どんなことに利用されているのか、カスタマーサポートに問い合わせしたところ、以下回答がありました。

  • 「カメラ、メディア」→QRコード読み取り
  • 「マイク、位置情報、電話」→アプリ内から問い合わせをするときに必要

以上より、とくに怪しいと感じることはありませんでした

ロボット掃除機の日本製でおすすめはありますか?

以下の3機種がおすすめです。

パナソニック MC-RSC10のスぺックと特徴

スペック

  • 本体寸法:幅249×奥行249×高さ92mm
  • 本体重量:約2.3kg
  • 運転時間:約60分
  • 充電時間:約3時間
  • ダストボックス容量:約0.27L
  • 消費電力:約22W
  • 集じん方式:紙パック式
  • フィルター:ダストボックスフィルター、排気フィルター
  • 騒音:約50dB

特徴

  • コンパクトボディで狭い場所もラクラク
    • 従来の約40%カット※1のコンパクトボディで、狭い場所や家具の隙間もスムーズに掃除できます。
    • ※1 パナソニック従来機種MC-RS200との比較
  • 独自の三角形状でスミ・壁ぎわもしっかり掃除
    • 三角形状のボディと左右に振れるヘッドで、部屋のスミや壁ぎわのゴミまでしっかりかき出します。
  • 効率よく走行し、しっかり掃除
    • 超音波センサーと赤外線センサーで障害物を検知し、効率よく走行します。
    • 3つの走行モード(標準・パワフル・静音)で、床材や掃除したい場所に合わせて選ぶことができます。
  • 音ひかえめモードで、実感音約20%カット
    • 音ひかえめモードでは、吸引力を抑えて静かに掃除できます。
    • 夜間や赤ちゃんが寝ているときにも安心です。
  • お手入れ簡単
    • ダストボックスやフィルターは簡単に取り外せて、水洗いできます。
    • ブラシも取り外せるので、髪の毛などが絡まったときも簡単に掃除できます。

こんな人におすすめ

  • ワンルームや一人暮らしの部屋など、狭い部屋に住んでいる方
  • 家具の隙間など、掃除機をかけにくい場所が多い方
  • 小さくて軽いロボット掃除機が欲しい方
  • 静音性の高いロボット掃除機が欲しい方
  • 手入れが簡単なロボット掃除機が欲しい方
日立 RV-X10Jのスペックと特徴

スペック

  • 本体寸法:幅250mm×奥行250mm×高さ92mm
  • 重量:約2.3kg
  • 集じん容積:約0.25L
  • 運転時間:約90分(自動モード/通常コース)
  • 充電時間:約3時間
  • 消費電力:26W
  • コード長さ:約1.8m
  • 静音設計:約50dB(標準モード)
  • 段差乗り越え能力:約1.5cm
  • ダストボックス:水洗い可能
  • フィルター:交換式
  • リモコン:付属
  • アプリ連携:可能
  • 音声操作:可能(Amazon Alexa、Google Assistant)

特徴

  • コンパクトボディで狭い場所も掃除しやすい: 幅25cmのコンパクトボディで、ソファやベッドの下など、狭い場所もスムーズに掃除できます。
  • パワフルな吸引力でしっかりゴミを吸い取る: メインブラシとサイドブラシのダブルブラシで、髪の毛やホコリなどもしっかり吸い取ります。
  • AI搭載で賢く掃除: minimaru AIが部屋の形状や障害物を学習し、効率的な掃除ルートを走行します。
  • アプリ連携で遠隔操作も可能: 専用アプリを使えば、外出先から掃除の開始・停止や、掃除履歴の確認などができます。
  • 音声操作にも対応: Amazon AlexaやGoogle Assistantと連携すれば、音声で掃除を指示できます。
  • お手入れ簡単: ダストボックスやフィルターは水洗い可能で、お手入れが簡単です。

こんな人におすすめ

  • 一人暮らしや夫婦二人暮らしなど、小さめの部屋に住んでいる方
  • 家具の多い部屋に住んでいる方
  • 狭い場所もしっかり掃除したい方
  • 忙しい方
  • 最新技術を体験したい方
パナソニック MC-RSF600のスペックと特徴

スペック

  • 充電時間: 約3時間
  • 連続使用時間: 約70分
  • サイドブラシ: 1本
  • 本体の重量: 2.8kg
  • 360度レーザーセンサー、赤外線センサーを搭載

特徴

  • レーザーSLAM搭載:部屋の間取りを正確に認識し、効率的に掃除
  • 360°レーザーセンサー:障害物を検知し、衝突を回避
  • ハウスダスト検知:目に見えない微細なゴミまでしっかり掃除
  • 約3000Paの強力吸引:髪の毛やペットの毛などもしっかり吸い込む
  • 約90分の長稼働時間:広い部屋も一度に掃除できる
  • 自動充電機能:掃除が終わると自動で充電台へ戻る
  • 「RULOナビ」アプリ対応:外出先から掃除の操作や状況確認が可能
  • リアルタイムマップ表示:アプリで掃除中のルーロの現在