\ 【期間限定】スマイルセール開催中 /

火事の心配がない暖房器具7選!ペットや認知症でも安全なものを紹介

火事の心配がない 暖房器具 ペット 認知症でも安全

\ 100万点以上のアイテムがお得に /

【期間限定】~4/22(月)23:59まで

この記事はこんな人におすすめ
  1. 火事の心配がない暖房器具」を探している
  2. ペットがいても火事の心配がない暖房器具」を探している
  3. 認知症の家族がいても安心な暖房器具」が知りたい

寒い冬を快適に過ごすために暖房器具は欠かせません。しかし、暖房器具の使い方を間違えると火災の原因になることもあり、暖房器具選びに悩んでいる人はいませんか?

あきら

ペットを飼っていたり、認知症の家族と同居していると、さらに気を使う人もいるのではないでしょうか?

ひつじさん

火事の心配がない暖房器具があれば教えてほしいです。

結論を先に申し上げると、「火事の心配がない暖房器具」は以下の7つです。(項目タップorクリックで飛べます)

これらの暖房器具は、火を使わずに暖房を行うため、火災のリスクが低いのが特徴です。ペットや認知症の人が誤って触っても安全な機能を備えているものもあります。

そこで今回は、家電量販店マネージャーの私が、火事の心配がないだけでなく、ペットや認知症の人でも安心して使える火事の心配がない暖房器具7選をご紹介します。

この記事を読めば、火事の心配をせず、家族やペットと快適な冬を過ごせるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

タップできる目次

火事の心配がない暖房器具7選!ペットや認知症でも安全なもの

火事の心配がない暖房器具7選!ペットや認知症でも安全なもの

早速ですが、「火事の心配がない暖房器具」は以下の7つです。それぞれのメリット・デメリットおすすめ商品も紹介していますので、合わせてご覧ください。

エアコン

火事の心配がない暖房器具(エアコン)

火事の心配がない暖房器具(ペットや認知症でも安全なもの)の1つ目は、「エアコン」です。

火事の心配がない暖房器具である理由
  • すべての機種に過熱、漏電、火災などの異常を検知するセンサーが搭載されている
  • 低温で動作し、火花を発生させる部品がない
  • 過電流が流れても自動的に電源が遮断される
  • 安全基準の品質が高い
エアコンのメリット
エアコンのデメリット
  • 部屋全体を効率よく温度調整できる
  • 暖房器具としては電気代が安い
  • 操作が単純で誰でも使える
  • 怪我の心配がない
  • 導入コストが高い
  • 工事が必要
  • 定期的な掃除やメンテナンスが必要
  • 部屋が乾燥しやすい

オイルヒーター

火事の心配がない暖房器具(オイルヒーター)

火事の心配がない暖房器具(ペットや認知症でも安全なもの)の2つ目は、「オイルヒーター」です。

火事の心配がない暖房器具である理由
  • 本体の表面温度が低い
  • 転倒時や異常過熱時の安全機能が装備されている
  • ガスや燃料を燃やす暖房器具と比べて火花や炎が出ることない
  • 封じられた構造で、オイルが外部に漏れ出す可能性が非常に低く、周囲に燃料が広がることない
オイルヒーターのメリット
オイルヒーターのデメリット
  • 空気を汚さない
  • 本体温度が低いため安全性が高い
  • 運転音が静か
  • 空気が乾燥しにくい
  • メンテナンスが楽
  • 移動が簡単
  • 故障が少ない
  • 部屋が暖まるまでに時間がかかる
  • 電気代が高い
  • 暖房効率が悪い
  • スペースを取る
\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

\ よく一緒に購入されている商品はこちら /

パネルヒーター

火事の心配がない暖房器具(パネルヒーター)

火事の心配がない暖房器具(ペットや認知症でも安全なもの)の3つ目は、「エアコン」です。

火事の心配がない暖房器具である理由
  • 発熱部分がパネルで覆われている(触れてもやけどする心配がない)
  • オーブンやガスストーブのような炎を使わない構造
  • 内部に過熱を防ぐ安全機能が組み込まれている
  • 周囲の温度を上げるのに必要な電力が比較的少ないため、過度に高温になることが少ない
パネルヒーターのメリット
パネルヒーターのデメリット
  • 空気を汚さない
  • 空気が乾燥しにくい
  • 作動音が静か
  • 移動しやすい
  • 場所を取らない
  • 部屋全体の暖房には向かない
  • 電気代が高い
  • スペースを取る

\ よく一緒に購入されている商品はこちら /

羽なし扇風機

火事の心配がない暖房器具(ペットや認知症でも安全なもの)の4つ目は、「羽なし扇風機」です。

火事の心配がない暖房器具である理由
  • 風を発生させるための回転する羽根がないため、回転する部品が発熱する心配がありません
  • ユニット内部には風を生成するためのファンや回転する部品がありますが、これらの部品はしっかりと保護され、外部から触れることが難しいように設計されている
  • 過熱やショートサーキットなどの異常な状況を検出し、自動的に電源を切る安全装置を備えている
  • モーターの効率性が高いため、少ない電力で風を生み出しており、発熱が少なく、電気の過負荷や過熱のリスクが低い
羽なし扇風機のメリット
羽なし扇風機のデメリット
  • 回転する羽根がないため、子供やペットが誤って触れたり、物を振り込んだりする危険性が低い
  • 音が静か
  • デザインがオシャレ
  • 場所を取らない
  • お手入れがしやすい
  • 価格が高い傾向にある
  • 風量が弱く感じることもある
  • 空気の方向性が制限されている機種がある

\ 羽根のない扇風機といえばダイソン /

\【期間限定】スマイルセール開催中/
Amazon

ホットカーペット

火事の心配がない暖房器具(ホットカーペット)

火事の心配がない暖房器具(ペットや認知症でも安全なもの)の5つ目は、「ホットカーペット」です。

火事の心配がない暖房器具である理由
  • 熱線がカーペットの内部に埋め込まれている
  • 過熱防止装置が付いている
  • 最大温度にしても発火するような温度にならない
  • スイッチを切り忘れても自動電源オフ機能が搭載されている
ホットカーペットのメリット
ホットカーペットのデメリット
  • 足元が温まる
  • 底冷え予防になる
  • 収納しやすい
  • 空気が乾燥しにくい
  • 比較的安価
  • デザインや機能が豊富
  • 部屋全体を暖めるのは難しい
  • 低温やけどの危険性もある
  • ダニが発生する可能性がある
  • 電気代がやや高い
  • 長時間使用すると足がむくむことがある

\ よく一緒に購入されている商品はこちら /

電気毛布

火事の心配がない暖房器具(電気毛布)

火事の心配がない暖房器具(ペットや認知症でも安全なもの)の6つ目は、「電気毛布」です。

火事の心配がない暖房器具である理由
  • 温度は40度から45度程度に制御されており、最大温度にしても発火するような温度にならない
  • スイッチを切り忘れても自動電源オフ機能が搭載されている
  • 過熱を防ぐためのセンサーや自動シャットオフ機能がある
  • 製造時に厳格な安全基準に従ってテストされている
電気毛布のメリット
電気毛布のデメリット
  • 電気代が安い
  • 価格が安い
  • 持ち運びが簡単
  • タイマー機能付きなど便利な機能がある
  • 洗濯できるものもある
  • 布団を暖めるので、布団が冷える心配がない
  • 部分的に暖められるので、足元や腰を暖めるのに便利
  • 低温やけどのリスクがある
  • 脱水症状のリスクがある
  • 長時間使用すると、布団が乾燥する
  • 電源コードが絡まりやすい
  • 毛玉ができやすい
  • 洗濯できないタイプもある

こたつ

火事の心配がない暖房器具(こたつ)

火事の心配がない暖房器具(ペットや認知症でも安全なもの)の7つ目は、「こたつ」です。

火事の心配がない暖房器具である理由
  • 過熱を防ぐために温度センサーや自動オフ機能が付いている
  • こたつ本体や電源コードが防炎素材で作られている
  • 電気ヒーターを使用して暖房を行うため、直接的に炎やガスを使用していない
  • こたつの電気ヒーターは、高温かつ長時間に耐えられるように設計されている
こたつのメリット
こたつのデメリット
  • 足元を集中的に温められる
  • 電気代が安い
  • 空気を汚さない
  • 部屋が乾燥しない
  • 冷え性の人に効果的
  • 家族や友人との団らんにも最適
  • 部屋全体は暖まらない
  • こたつから出たくなくなる
  • こたつでつい眠ってしまう
  • 脱水症状のリスクがある
  • スペースを取る
  • 古いイメージを持つ人もいる

\ よく一緒に購入されている商品はこちら /

暖房器具で火事を起こさないためのポイント

暖房器具で火事を起こさないためのポイント

紹介した家電は安全なものばかりで、火災が起こる可能性はかなり低いですが、絶対に大丈夫というわけではありません

あきら

暖房器具で火事を起こさないためのポイントをしっかりと把握しておきましょう。

暖房器具で火事を起こさないためのポイント
  • 暖房器具をタコ足配線で使用しない(一番重要
  • 暖房器具の前に燃えやすいものを置かない
  • 暖房器具を動かすときは必ず電源を切る
  • ホコリを取り除くなど、掃除を定期的にする
  • 就寝時はなるべく暖房器具の使用を控える

暖房器具に関するよくある質問

火事の心配がない暖房器具に関するよくある質問

暖房器具について、よくある質問をまとめました。

火事になりやすい暖房器具はなんですか?

火事になりやすい暖房器具は?

消防庁によると、暖房器具火災における出火原因の第1位は「電気ストーブ」だそうです。 実に全体の73%を占めています。 次いで多いのは、「石油ストーブ」で19%。 以下、「ガスストーブ」が8%と続きます。

暖房器具で一番電気代が安いのはなんですか?

電気代が一番安い暖房器具は「エアコン」 です。次いで、「こたつ」「ホットカーペット」となっています。

【まとめ】火事の心配がない暖房器具7選!ペットや認知症でも安全なものについて

【まとめ】火事の心配がない暖房器具7選!ペットや認知症でも安全なものについて

本記事で紹介したものであれば、ペットや認知症の家族がいる人でも、火事や火災が起こる可能性は極めて低いです。

あきら

火事の心配をせず、家族やペットと快適な冬を過ごしたい人は、下記の7つの中から暖房器具を選ぶことをおすすめします。

タップできる目次