\ 【期間限定】スマイルセール開催中 /

お米マイスターおすすめの炊飯器30選!現役家電量販店の店員が解説

お米マイスター おすすめ 炊飯器

\ 100万点以上のアイテムがお得に /

【期間限定】~4/22(月)23:59まで

この記事はこんな人におすすめ
  1. 炊飯器選び」に悩んでいる
  2. 自分に合う炊飯器」が知りたい
  3. お米マイスターおすすめの炊飯器」が知りたい
あきら

炊飯器って各メーカーからたくさんの種類が販売されていて、結局どれがいいか分からず購入に踏み切れない人はいませんか?

ひつじさん

似たような名前もあるし、自分に合うタイプがどれか分かりません。

炊飯器は高い機種だと10万円以上するので、適当に選んで購入すると、自分のニーズに合わなくて買ったことを後悔する可能性が高いです。

そこで今回は、知り合いの「お米マイスター」の人に取材をし、「お米マイスターがおすすめの炊飯器」として以下の3つに分けてまとめました。(項目タップorクリックで飛べます)

この記事を読めば、あなたのニーズに合う炊飯器が見つかり、毎日のご飯が楽しくなりますので、ぜひ最後までご覧ください。

【象印】炎舞炊き NW-FB10のレビュー

購入の決め手

長年愛用していた炊飯器が古くなったのを機に、最新モデルで評判の良い「象印 NW-FB10」を購入しました。決め手となったのは、象印独自の「炎舞炊き」技術によるふっくらと甘みのある炊き上がりと、白米だけでなく玄米や雑穀米も美味しく炊けるという点でした。

実際に使ってみて

初めて白米を炊いたとき、その美味しさに感動しました。一粒一粒がふっくらと立ち上がり、噛むほどに甘みと旨味が口いっぱいに広がります。今まで食べていたご飯とは全く違う、まさに極上の炊き上がりでした。

玄米や雑穀米も、白米に負けない美味しさです。特に玄米は、以前の炊飯器では硬くてパサパサだったのが、「NW-FB10」ではふっくらとモチモチに炊き上がり、玄米特有の香ばしさも存分に楽しめます。

便利な機能

「NW-FB10」には、白米だけでなく様々なメニューに対応した炊飯コースが搭載されています。白米だけでも「ふつう」「しゃっきり」「もちもち」から選べ、玄米や雑穀米、炊き込みご飯など、幅広いメニューを美味しく炊くことができます。

また、予約炊飯や保温機能も充実しており、忙しい朝や帰宅後でも温かいご飯をすぐに食べられるのは大変便利です。

お手入れ

内釜や蒸気口など、お手入れが必要なパーツは取り外しが簡単で、洗うのも楽々です。内釜は「黒まる厚釜」という、お手入れがしやすいコーティングが施されており、ご飯がこびりつくこともありません。

総評

「象印 NW-FB10」は、白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊ける、まさに万能な炊飯器です。毎日の食卓を彩る、極上の炊き上がりをぜひ体験してみてください。

おすすめポイント

  • 象印独自の「炎舞炊き」技術による、ふっくらと甘みのある炊き上がり
  • 白米だけでなく、玄米や雑穀米も美味しく炊ける
  • 豊富な炊飯コースと便利な予約炊飯・保温機能
  • 取り外しが簡単で洗いやすいパーツ

気になる点

  • 価格がやや高め
  • 内釜が重いため、扱いには注意が必要

総合評価

機能性、炊き上がり、お手入れのしやすさ、全てにおいて満足度の高い炊飯器です。価格に見合う価値のある商品だと感じました。

\ 5.5合炊きのおすすめNo.1 /

\ 4合炊きのおすすめNo.2 /

\ 冷凍ごはん専用メニューが新搭載 /

タップできる目次

お米マイスターとはお米のプロフェッショナル

お米マイスターとはお米のプロフェッショナル

お米マイスターとは、一般財団法人日本米穀商連合会(日米連)が認定する、お米に関する幅広い知識と技術を有する専門家です。

あきら

分かりやすく言うと、「お米のプロフェッショナル」です。

お米マイスターは、お米の品種特性、精米特性、ブレンド特性、炊飯特性を見極めることができ、その米の特長を最大限に活かした「商品づくり」を行い、その米の良さを消費者との対話を通じて伝えられます。

お米マイスターおすすめの炊飯器(価格帯別)

お米マイスターおすすめの炊飯器(価格帯別)

一言で「炊飯器」と言っても値段はピンキリです。ここでは「価格帯別」に「お米マイスターおすすめの炊飯器」を紹介します。

あきら

ちなみに、炊くだけで糖質が平均28%カットになる魔法のような炊飯器があります!詳細は以下のボタンからご覧ください。

\ ご飯の糖質が気になる人に選ばれています /

【今だけ】14,800円⇒7,980円(46%OFF

お米マイスターおすすめの炊飯器(価格帯別)
  • 【~3万円以下】・・・【象印】極め炊き NW-VD10、【パナソニック】SR-NB102、【パナソニック】SR-NA102
  • 【3万円~5万円】・・・【象印】極め炊き NW-JX10、【パナソニック】おどり炊き SR-MPW102、【タイガー炊飯器】炊きたて ご泡火炊き JPI-X100-WX
  • 【5万円~10万円】・・・【象印】炎舞炊き NW-MB07、【象印】炎舞炊き NW-PU10、【象印】炎舞炊き NW-FA10、【象印】炎舞炊き NW-FB10
  • 【10万円以上】・・・【象印】炎舞炊き NW-UT07、【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JRX-T100、【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JPH-G100、【象印】炎舞炊き NW-LB10

~3万円以下

3万円以下のお米マイスターおすすめ炊飯器は以下の3つです。

スクロールできます
【象印】極め炊き NW-VD10
【象印】
極め炊き NW-VD10
【パナソニック】SR-NB102
【パナソニック】
SR-NB102
【パナソニック】SR-NA102
【パナソニック】
SR-NA102
炊飯容量5.5合5.0合5.0合
炊飯方式IH圧力IH圧力IH
お米マイスターおすすめ炊飯器(~3万円以下)の比較表

【象印】極め炊き NW-VD10

商品の特徴
【象印】極め炊き NW-VD10
  • 炊飯方式:IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 最大消費電力:1200W
  • 保温機能:30時間(※)
  • 内釜:鉄(黒まる厚釜)
  • 内ぶた:洗える内ぶた
  • 保証期間:1年
  • 豪熱沸とうIH:ふきこぼれを気にせず、沸とう後も火を引かずにIHの高火力で炊き続けます。うまみを引き出し、芯までふっくらしたごはんが炊き上がります。
  • 白米炊き分け3コース:お好みの食感に合わせて、白米炊き分け3コースから選べます。
  • うるつや保温:内釜底から立ち上る熱対流で、ごはんの水分を均一に保ち、30時間おいしく保温できます。
  • 炊飯時間メモリー:炊飯時間を最大3回まで記憶できます。
  • 予約タイマー:最大24時間まで予約できます。

こんな人におすすめ

  • 5.5合炊き以下の炊飯器を探している人
  • 白米を美味しく炊き上げたい人
  • 保温機能が充実した炊飯器を探している人
  • 手入れが簡単な炊飯器を探している人
  • 象印の炊飯器を使いたい人
【象印】極め炊き NW-VD10のレビュー

象印のIH炊飯器「極め炊き NW-VD10」を実際に購入し、約1ヶ月使用してみました。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けるので、毎日欠かせない存在になっています。

まず、一番の魅力はやはり炊き上がりの美味しさです。白米はふっくらと炊き上がり、一粒一粒がしっかりとしていて、噛むほどに甘みを感じられます。玄米も白米に負けないくらい美味しく、もっちりとした食感と香ばしい風味がたまりません。雑穀米も、それぞれの素材の味わいをしっかりと感じられる仕上がりです。

炊飯機能も充実しています。白米だけでも「標準」「白米やわらかめ」「白米かため」など、3種類から炊き上がりを選ぶことができます。玄米や雑穀米も、それぞれに最適な炊き上がりで炊くことができるので、失敗がありません。

内釜は「黒まる厚釜」という、熱伝導率の高い釜を採用しています。そのため、ムラなく均一に火が通り、ふっくらと美味しいご飯が炊き上がります。また、内釜は取り外して洗うことができるので、お手入れも簡単です。

操作もシンプルで使いやすいです。炊飯ボタンを押すだけで簡単に炊飯を始められます。また、タイマー機能や予約機能も搭載しているので、忙しい朝や夜も便利です。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに馴染みます。カラーはホワイトとブラックの2色展開なので、好みに合わせて選ぶことができます。

気になる点としては、少し値段が高いことです。しかし、毎日使うものなので、美味しいご飯を炊けることを考えると、決して高い買い物ではないと思います。

総合的に見て、象印 極め炊き NW-VD10は、美味しいご飯を炊きたい方におすすめのIH炊飯器です。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けるので、健康志向の方にもぴったりです。

\ 至福のひととき、極め炊きで /

【パナソニック】SR-NB102

商品の特徴
【パナソニック】SR-NB102
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 内釜:ダイヤモンド竈釜
  • 炊飯容量:5合
  • 消費電力:1200W
  • 外形寸法:幅27.0×奥行39.0×高さ22.6cm
  • 質量:5.1kg
  • 付属品:計量カップ、しゃもじ、内釜用ふた、内釜用内ぶた、内釜用蒸気口清掃ブラシ
  • 5合炊きモデルながら、パナソニック圧力IHジャー炊飯器史上最小設置面積を実現しています。キッチンに置いてもスペースにゆとりが生まれます。
  • 内釜に圧力をかけてお米の芯までしっかりと熱を伝えることで、ふっくらとおいしいご飯を炊き上げます。
  • 内釜には、発熱性と蓄熱性に優れた「ダイヤモンド竈釜」を採用しています。お米の芯まで熱をムラなく伝えることで、よりおいしいご飯を炊き上げます。
  • お手入れ部品はたった2点です。また、ワンタッチふた加熱板や圧力お手入れ機能が搭載されているので、お手入れも簡単です。

こんな人におすすめ

  • 一人暮らしや2人暮らしで、コンパクトな炊飯器を探している方
  • 圧力IHでふっくらとしたご飯を炊きたい方
  • 白米だけでなく、玄米も美味しく炊きたい方
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している方
  • 多彩な炊飯コースで、色々なご飯を楽しみたい方
【パナソニック】SR-NB102のレビュー

実際にSR-NB102を使い始めて、まず驚いたのがそのコンパクトさです。幅22.5cm、奥行27.5cmと、一般的な炊飯器よりもかなり小さく、一人暮らしのキッチンにも楽々収まりました。

そして肝心の炊き上がりですが、これが本当に素晴らしい!圧力IHならではのふっくらとしたご飯が、毎回簡単に炊けます。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けました。特に玄米は、以前使っていた炊飯器では芯が硬かったり、炊きムラがあったりしましたが、SR-NB102ではふっくらモチモチに炊き上がり、玄米が苦手だった家族も喜んで食べています。

お手入れも簡単で、内釜としゃもじは食洗機で洗えるので、忙しい朝でも楽々です。

\ コンパクトなのに、本格派炊き /

【パナソニック】SR-NA102

商品の特徴
【パナソニック】SR-NA102
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 炊飯容量:5合
  • 内釜:ダイヤモンド竈釜(全面打ち出し加工)
  • 加熱方式:ダブル加熱(IH+バーナー)
  • 保温方式:スチーム保温
  • 調理機能:無水調理、低温調理(塊肉専用)
  • コンパクトなサイズ:幅25.5cm×奥行27.7cm×高さ23.3cmで、パナソニックの3合炊き炊飯器よりも小さい設置面積を実現。
  • 使いやすさ:ワンタッチ操作で炊飯や保温が可能。また、お手入れ部品が少ないのも特徴。
  • ふっくらとしたご飯:ダイヤモンド竈釜で、お米の芯まで熱を伝えてふっくらと炊き上げます。
  • 調理機能:無水調理や低温調理で、本格的な料理も作れます。

こんな人におすすめ

  • 少人数のご家庭で、圧力IH炊飯器をお探しの方
  • コンパクトな炊飯器をお探しの方
  • 無水調理や低温調理も楽しみたい方
  • お手入れが簡単な炊飯器をお探しの方
【パナソニック】SR-NA102のレビュー

一人暮らしを始めて、初めて炊飯器を購入しました。色々調べて、パナソニックのSR-NA102を選びました。決め手は、圧力IHでふっくらご飯が炊けるのに、コンパクトなサイズだったことです。

実際に使ってみて、まず驚いたのがご飯の美味しさです。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けます。以前は炊飯器で玄米を炊くと、時間がかかったり、芯が残ったりすることがあったのですが、SR-NA102なら問題ありません。

また、コンパクトなサイズなので、一人暮らしの部屋にも置きやすいです。炊飯器って意外と場所を取るのですが、SR-NA102は幅36cmとスリムなので、キッチンボードのちょっとしたスペースにも置けます。

さらに、お手入れも簡単です。内釜としゃもじは食洗機で洗えるので、忙しい朝でも楽々です。

気になる点としては、保温機能が少し弱いかなと感じます。長時間保温すると、ご飯が乾燥してしまうことがあります。

総合的には、SR-NA102は、一人暮らしや少人数世帯におすすめの炊飯器です。圧力IHでふっくらご飯が炊けるのに、コンパクトで場所を取らないのが魅力です。お手入れも簡単なので、忙しい方にもおすすめです。

\ コンパクトなのに、本格派炊飯 /

3万円~5万円

3万円~5万円のお米マイスターおすすめ炊飯器は以下の3つです。

スクロールできます
【象印】極め炊き NW-JX10
【象印】
極め炊き NW-JX10
【パナソニック】おどり炊き SR-MPW102
【パナソニック】
おどり炊き SR-MPW102
【タイガー炊飯器】炊きたて ご泡火炊き JPI-X100-WX
【タイガー炊飯器】
炊きたてご泡火炊き JPI-X100-WX
炊飯容量5.5合5.5合5.5合
炊飯方式圧力IH可変圧力IH圧力IH
お米マイスターおすすめ炊飯器(3万円~5万円)の比較表

【象印】極め炊き NW-JX10

商品の特徴
【象印】極め炊き NW-JX10
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 内釜:鉄器コートプラチナ厚釜
  • 保温方式:高め保温(約60℃)、保温(約50℃)、保温なし
  • 保温時間:最大12時間
  • 付属品:しゃもじ、計量カップ、内釜ふた、内釜ふた用パッキン、しゃもじスタンド
  • 白米炊き:しゃっきり、ややしゃっきり、ふつう、ややもちもち、もちもち
  • 炊込みご飯:白米(しゃっきり)、玄米(やや固め)、玄米(やや柔らかめ)
  • おかゆ:おかゆ(標準)、おかゆ(さらさら)
  • 炊飯メニュー:すしめし、雑穀米、おこげ、お粥、玄米、炊込みご飯、煮込み料理
  • 内釜には熱伝導率の高いアルミを挟んだ鉄器コートプラチナ厚釜を採用しています。鉄はIHと相性が良く、発熱効率と蓄熱性に優れています。また、プラチナコートにより、内釜の表面をコーティングすることで、こびりつきにくく、お手入れが簡単になっています。
  • 白米炊きは、5通りの炊き分けが可能です。また、炊込みご飯、おかゆ、炊飯メニューも搭載しています。
  • 予約タイマー、保温タイマー、時計式2メモリータイマー、あったか再加熱、高コントラスト液晶を搭載しています。

こんな人におすすめ

  • 5.5合炊き以下の炊飯器を探している
  • ふっくらと弾力のあるご飯が好きな方
  • 白米の炊き方を細かく調整したい方
  • 多彩な機能を備えた炊飯器が欲しい方
  • 象印の炊飯器を信頼している方
【象印】極め炊き NW-JX10のレビュー

象印の圧力IH炊飯器「極め炊き NW-JX10」を購入してから数ヶ月が経ちました。炊飯器選びは非常に迷いましたが、白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けると評判のこのモデルに決めました。

実際に使ってみて、まず驚いたのが白米の美味しさです。ふっくらと炊き上がり、一粒一粒がしっかりとしていて、甘みも感じられます。以前使っていた炊飯器とは比べ物にならないほどの美味しさです。

玄米も白米に負けないくらい美味しく炊けます。以前は玄米を炊くのに時間がかかり、硬くてパサパサだったのですが、NW-JX10ではふっくらと柔らかく、モチモチとした食感に仕上がります。玄米の香ばしさも存分に楽しめます。

また、NW-JX10には様々な炊飯コースが搭載されています。白米だけでも、ふつう、やわらかめ、かため、しゃっきりなど、好みに合わせて炊き分けることができます。玄米や雑穀米、炊き込みご飯など、様々なメニューにも対応しているので、料理の幅が広がりました。

操作も簡単で、誰でも簡単に美味しいご飯を炊くことができます。内釜も洗って乾燥できるので、お手入れも楽です。

デザインもシンプルでスタイリッシュなので、キッチンに置いていても違和感ありません。

NW-JX10を購入して、毎日のご飯がより美味しく、楽しみになりました。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊きたい方、操作が簡単で使いやすい炊飯器を探している方におすすめです。

\ 毎日に炊き立ての幸せを /

【パナソニック】おどり炊き SR-MPW102

商品の特徴
【パナソニック】おどり炊き SR-MPW102
  • 炊飯方式:可変圧力IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 内釜:ダイヤモンド竈釜
  • 保温方式:高め保温(約60℃)、保温(約50℃)、保温なし
  • 保温時間:最大12時間
  • 付属品:しゃもじ、計量カップ、内釜ふた、内釜ふた用パッキン、しゃもじスタンド
  • 白米炊き:しゃっきり、ややしゃっきり、ふつう、ややもちもち、もちもち
  • 炊込みご飯:白米(しゃっきり)、玄米(やや固め)、玄米(やや柔らかめ)
  • おかゆ:おかゆ(標準)、おかゆ(さらさら)
  • 炊飯メニュー:すしめし、雑穀米、おこげ、お粥、玄米、炊込みご飯、煮込み料理
  • 内釜にはダイヤモンド粒子とアルミを組み合わせたダイヤモンド竈釜を採用しています。ダイヤモンド粒子は、内釜の表面をコーティングすることで、こびりつきにくく、お手入れが簡単になっています。また、アルミは熱伝導率が高く、お米の芯まで熱を均一に伝えます。
  • 白米炊きは、5通りの炊き分けが可能です。また、炊込みご飯、おかゆ、炊飯メニューも搭載しています。
  • 予約タイマー、保温タイマー、時計式2メモリータイマー、あったか再加熱、高コントラスト液晶を搭載しています。

こんな人におすすめ

  • ふっくらとしたご飯を炊きたい人
  • 白米だけでなく、玄米や麦ごはん、雑穀米なども炊きたい人
  • 炊飯時間を予約したい人
  • 省エネ運転をしたい人
【パナソニック】おどり炊き SR-MPW102のレビュー

パナソニックの「おどり炊き SR-MPW102」を実際に使ってみて、まず驚いたのが、ご飯の美味しさです。白米はもちろん、玄米や雑穀米もふっくらと美味しく炊き上がります。特に白米は、一粒一粒がしっかりとしていて、噛むほどに甘みを感じます。

また、炊飯時間が短いのも魅力です。白米なら約30分で炊き上がり、忙しい朝でも手軽に温かいご飯を食べることができます。

操作もシンプルで簡単です。炊飯モードは白米、玄米、雑穀米など、いくつかの種類から選ぶことができます。また、予約炊飯や保温機能なども搭載しているので、便利です。

さらに、お手入れも簡単です。内釜はフッ素加工が施されているので、ご飯がこびりつきにくく、洗うのも簡単です。

デザインもシンプルでスタイリッシュなので、どんなキッチンにもマッチします。

総合的に見て、パナソニック「おどり炊き SR-MPW102」は、ご飯を美味しく炊き上げたい人におすすめの炊飯器です。

\ 一粒一粒、踊り出す旨み /

【タイガー炊飯器】炊きたて ご泡火炊き JPI-X100-WX

商品の特徴
【タイガー炊飯器】炊きたて ご泡火炊き JPI-X100-WX
  • 炊飯容量:5.5合
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 内釜:遠赤9層土鍋かまどコート釜
  • 内釜容量:3.0L
  • 炊飯時消費電力:1,300W
  • 保温時消費電力:13W
  • 寸法:幅27.2×奥行39.0×高さ21.8cm
  • 重量:5.5kg
  • 付属品:内ぶた、スチームキャップ、しゃもじ、計量カップ
  • 内釜底の形状を工夫し、約6,500個の細やかな凸形状で泡立ちを強化。土鍋のような細やかな泡立ちでお米一粒ひと粒を包み込み、ふっくらとした炊きあがりに仕上げます。
  • 保温中に、内釜底の温度を下げずに、保温庫内を高温にして、お米の粒立ちをキープ。冷めてもおいしいご飯を保温できます。
  • 内なべ、内ぶた、スチームキャップの3点だけでお手入れが完了。内ぶたとスチームキャップは食器洗い乾燥機対応なので、毎日のお手入れがラクにできます。

こんな人におすすめ

  • ふっくらと美味しいごはんを炊きたい方
  • 土鍋ご飯のような味わいが好きな方
  • 白米だけでなく、玄米や雑穀米も炊きたい方
  • 保温時も美味しいごはんを食べたい方
  • シンプルで使いやすい炊飯器を探している方
【タイガー炊飯器】炊きたて ご泡火炊き JPI-X100-WXのレビュー

「まるで土鍋で炊いたようなご飯」という評判に惹かれて、タイガー炊飯器JPI-X100KXを購入しました。実際に使ってみて、評判通りの美味しさに感動しました。

まず、白米がとにかく美味しく炊けます。ふっくらと弾力のある食感で、一粒一粒がしっかりしていて、甘みも感じられます。炊き立てはもちろん、保温しても美味しく食べられるので、朝炊いたご飯を夜まで美味しく味わえます。

玄米も試しに炊いてみたのですが、こちらも期待以上でした。もっちりとした食感で、玄米特有の香ばしさもしっかりと残っています。白米と比べて炊飯時間は長くなりますが、その分、丁寧に炊き上げてくれるので、満足度の高い仕上がりです。

JPI-X100KXの魅力は、美味しさだけではありません。お手入れも簡単で、内釜としゃもじは食洗機で洗えるので、手間がかかりません。また、保温機能も優秀で、長時間保温してもご飯がパサパサになりません。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに置いておくだけでおしゃれな雰囲気になります。操作も簡単で、誰でも簡単に使いこなせます。

あえてデメリットを挙げるなら、炊飯時に少し音が大きいことでしょうか。しかし、美味しさのことを考えると、許容範囲です。

総合的に見て、タイガー炊飯器JPI-X100KXは、白米も玄米も美味しく炊ける、非常に満足度の高い炊飯器です。美味しいご飯を毎日食べたい方、お手軽に炊飯したい方、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

\ 土鍋を超えた、極上のご飯 /

5万円~10万円

5万円~10万円のお米マイスターおすすめ炊飯器は以下の4つです。

スクロールできます
【象印】炎舞炊き NW-PU10
【象印】
炎舞炊き NW-PU10
【象印】炎舞炊き NW-PU10
【象印】
炎舞炊き NW-PU10
【象印】炎舞炊き NW-FA10
【象印】
炎舞炊き NW-FA10
【象印】炎舞炊き NW-FB10
【象印】
炎舞炊き NW-FB10
炊飯容量5.5合5.5合5.5合5.5合
炊飯方式圧力IH圧力IH圧力IH圧力IH
お米マイスターおすすめ炊飯器(5万円~10万円)の比較表

【象印】炎舞炊き NW-MB07

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-MB07
  • 型番: NW-MB07
  • カラー: スレートブラック (BZ)
  • サイズ: 幅23×奥行30.5×高さ20.5(ふた開き時42.5)cm
  • 重量::5.5kg
  • 電源コード長さ: 1.2m
  • 消費電力: 1420W
  • 炊飯容量: 0.5合~4.0合
  • 種類: 黒まる厚釜
  • 材質: 3層遠赤外線コートIH圧力釜
  • 内釜容量: 5.5合
  • フッ素加工: ダイヤモンドコート
  • 豪熱大火力:1.3気圧の高圧力で炊き始め、中ぱっぱから沸騰維持工程で一気に大火力を加え、激しい対流を起こします。
  • 炊き上げ圧力:炊き上げ時に圧力をかけ、お米の芯までふっくら炊き上げます。
  • 鉄器コート黒まる厚釜:発熱効率を高めた鉄器コート黒まる厚釜で、熱ムラを抑え、ふっくらと炊き上げます。
  • 7通りの食感炊き分け:白米しゃっきり、白米もちもち、玄米など、お好みに合わせて炊き分けできます。

こんな人におすすめ

  • 少ない量のご飯を美味しく炊きたい一人暮らしや2人暮らしの方
  • 白米も玄米も好みの食感で楽しみたい方
  • 自分好みの味に炊き上げたい方
  • 手軽にお手入れできる炊飯器が欲しい方
【象印】炎舞炊き NW-MB07のレビュー

まず、実際に使ってみて一番感動したのは、白米の炊き上がりの美味しさです。ふっくらと炊き上がり、一粒一粒がしっかりしていて、噛むほどに甘みを感じます。今まで食べていたご飯とは比べ物にならない美味しさです。

「炎舞炊き」という技術は本当にすごいですね。大火力で一気に炊き上げるので、お米の芯までしっかり火が通り、ふっくらとした仕上がりになります。また、白米以外にも玄米や雑穀米、炊き込みご飯など、様々なメニューが美味しく炊けるのも魅力です。

使い勝手も抜群です。操作はシンプルでわかりやすく、誰でも簡単に使いこなせると思います。また、お手入れも簡単で、内釜と内蓋は洗えるので清潔に保てます。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに置いておくだけでおしゃれな雰囲気になります。

実際に使ってみて、NW-MB07を購入して本当に良かったと思いました。

\ 冷凍ごはん専用メニューが新搭載 /

【象印】炎舞炊き NW-PU10

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-PU10
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 容量:5.5合
  • 消費電力:1,230W
  • 保温時間:60時間
  • 重量:6.3kg
  • サイズ:幅27.5×奥行36.5×高さ22.0cm
  • かまどの炎の激しいゆらぎを再現した「炎舞炊き」を搭載
  • 内釜は「鉄(くろがね仕込み)豪炎かまど釜」で、熱伝導率がアップし、お米をムラなく炊き上げる
  • 81通りの「わが家炊き」メニューを搭載
  • 冷凍保存したご飯もおいしく炊ける「冷凍保存用コース」を搭載
  • スマホで操作できる「スマホ連携機能」を搭載

こんな人におすすめ

  • 毎日のように炊飯する人
  • ふっくらと美味しいご飯を炊きたい人
  • 白米だけでなく、玄米や麦ごはんも炊きたい人
  • 多彩な機能を備えた炊飯器が欲しい人
【象印】炎舞炊き NW-PU10のレビュー

象印 NW-PU10を購入して、約1ヶ月が経ちました。以前使用していた炊飯器は5万円ほどのものでしたが、NW-PU10に買い替えてから、ご飯の美味しさに感動しています。

まず、白米がとにかく美味しく炊けます。以前の炊飯器では、芯まで炊きムラがあったり、パサパサしたりすることがありましたが、NW-PU10では毎回ふっくらつやつやに炊き上がります。特に、白米モードで炊いたご飯は、粒立ちがしっかりしていて、噛むほどに甘みを感じます。

玄米も美味しく炊けます。以前は玄米を炊くのに時間がかかり、水加減も難しかったのですが、NW-PU10では玄米モードを使えば、簡単に美味しく炊けます。玄米は白米よりも栄養価が高く、健康にも良いので、NW-PU10を購入してからは玄米を食べる頻度が増えました。

また、NW-PU10は内釜が洗えるので、清潔に保ちやすいです。以前の炊飯器は内釜が洗えなかったので、お手入れが大変でしたが、NW-PU10は内釜を食洗機で洗えるので、お手入れが楽になりました。

さらに、NW-PU10はデザインもスタイリッシュで、キッチンに置いておくだけでおしゃれです。以前の炊飯器はデザインが古臭かったので、キッチンに置いておくのが恥ずかしかったのですが、NW-PU10はデザインも気に入っているので、キッチンに置くのが楽しみです。

NW-PU10は、価格が少し高いですが、それだけの価値は十分にあると思います。ご飯を美味しく炊きたい方、玄米を簡単に炊きたい方、お手入れが楽な炊飯器を探している方におすすめです。

\ 匠の技、一粒に。炎舞炊き /

【象印】炎舞炊き NW-FA10

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-FA10
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 内釜:鉄(くろがね仕込み) 豪炎かまど釜
  • 内釜厚さ:3mm
  • 内釜底面形状:波形
  • 圧力:最高1.07気圧
  • 加熱方式:3DローテーションIH
  • 保温方式:高温スチーム保温
  • メニュー数:121
  • 付属品:しゃもじ、計量カップ、内釜ふた
  • 内釜は、鉄とアルミ、ステンレスを組み合わせた「鉄(くろがね仕込み) 豪炎かまど釜」を採用しています。鉄は発熱効率や蓄熱性に優れ、アルミは熱伝導性に優れ、ステンレスは耐久性に優れています。これらの素材を組み合わせることで、釜全体をムラなく加熱し、お米の旨みを引き出すことができます。
  • 底IHヒーターを6ブロックに分け、対角線上にある2つのヒーターを同時加熱することにより、釜内を激しい対流でかき混ぜます。これにより、お米を均一に加熱し、芯までふっくらと炊き上げることができます。
  • お米の銘柄や季節が変わっても、自分好みの食感に炊ける「わが家炊き」メニューを121通り搭載しています。お米の種類や好みの食感に合わせて、炊き方を細かく設定することができます。

こんな人におすすめ

  • 毎日美味しいご飯を食べたい人
  • 白米だけでなく、玄米や麦ごはん、雑穀米など、様々なご飯を炊きたい人
  • 保温時間が長い炊飯器が欲しい人
  • お手入れが簡単な炊飯器が欲しい人
【象印】炎舞炊き NW-FA10のレビュー

象印の圧力IH炊飯器「炎舞炊き NW-FA10」を購入して数ヶ月が経ちました。毎日おいしいご飯を炊いてくれるので、すっかり生活に欠かせない存在になっています。

まず、この炊飯器の一番の魅力は、なんといっても白米の炊き上がりの良さです。内釜に「豪炎かまど釜」という鉄素材を使用しているため、ふっくらと弾力のあるご飯が炊き上がります。一粒一粒がしっかりとしていて、噛むほどに甘みを感じます。

また、炊き分け機能も充実しています。白米だけでなく、玄米や雑穀米、おこわなど、さまざまな種類の米を美味しく炊くことができます。我が家では、玄米を炊くことが多いのですが、この炊飯器だと白米と同じようにふっくらと炊き上がります。

さらに、お手入れも簡単です。内釜は洗剤で洗うことができ、お手入れ用の部品も少ないので、清潔に保ちやすいです。

もちろん、デメリットもあります。例えば、他の炊飯器と比べて値段が高いことや、本体が大きくて重いことなどが挙げられます。

しかし、個人的には、これらのデメリットを差し引いても、この炊飯器を購入して良かったと思っています。毎日おいしいご飯を食べられる幸せは、何物にも代え難いからです。

もし、おいしいご飯を炊ける炊飯器を探しているなら、象印の「炎舞炊き NW-FA10」はおすすめです。

\ 舞い上がるお米、ふっくら御飯 /

【象印】炎舞炊き NW-FB10

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-FB10
  • 炊飯容量:5.5合
  • 内釜:鉄器コート(蓄熱性と遠赤外線効果でおいしく炊く)
  • 内釜厚さ:1.7mm
  • 加熱方式:圧力IH
  • 圧力:最大10.7気圧
  • 加熱方式:IH(100V、50/60Hz)
  • 消費電力:1000W(炊飯時)、18W(保温時)
  • 本体サイズ:幅27.8cm×奥行37.0cm×高さ23.2cm
  • 本体重量:約5.5kg
  • 炎舞炊き:底面につけた6つのIHヒーターが対面加熱で激しく対流させ、お米を舞い上げ、縦横無尽にかき混ぜる「3Dローテーション」を実現。一粒一粒までふっくらと甘みが際立つ、かまどで炊いたようなご飯を炊くことができます。
  • 炊き分けメニュー:白米、白米(しゃっきり)、白米(もちもち)、玄米、麦ごはん、雑穀米、おかゆ、おこげ、お粥、炊込み、煮込み、蒸し料理、保温など、15通りのメニューから選択できます。
  • お気に入り登録:よく使うメニューを登録しておけば、ワンタッチで炊飯できます。
  • 液晶2次元コード表示:液晶画面に表示された2次元コードをスマホで読み取ると、使用方法やレシピなどの情報が確認できます。

こんな人におすすめ

  • 毎日のご飯を美味しく炊きたい方
  • 白米の炊き分けにこだわりたい方
  • 雑穀米や玄米など、色々なメニューを炊きたい方
  • コンパクトな炊飯器を探している方
【象印】炎舞炊き NW-FB10のレビュー

購入の決め手

長年愛用していた炊飯器が古くなったのを機に、最新モデルで評判の良い「象印 NW-FB10」を購入しました。決め手となったのは、象印独自の「炎舞炊き」技術によるふっくらと甘みのある炊き上がりと、白米だけでなく玄米や雑穀米も美味しく炊けるという点でした。

実際に使ってみて

初めて白米を炊いたとき、その美味しさに感動しました。一粒一粒がふっくらと立ち上がり、噛むほどに甘みと旨味が口いっぱいに広がります。今まで食べていたご飯とは全く違う、まさに極上の炊き上がりでした。

玄米や雑穀米も、白米に負けない美味しさです。特に玄米は、以前の炊飯器では硬くてパサパサだったのが、「NW-FB10」ではふっくらとモチモチに炊き上がり、玄米特有の香ばしさも存分に楽しめます。

便利な機能

「NW-FB10」には、白米だけでなく様々なメニューに対応した炊飯コースが搭載されています。白米だけでも「ふつう」「しゃっきり」「もちもち」から選べ、玄米や雑穀米、炊き込みご飯など、幅広いメニューを美味しく炊くことができます。

また、予約炊飯や保温機能も充実しており、忙しい朝や帰宅後でも温かいご飯をすぐに食べられるのは大変便利です。

お手入れ

内釜や蒸気口など、お手入れが必要なパーツは取り外しが簡単で、洗うのも楽々です。内釜は「黒まる厚釜」という、お手入れがしやすいコーティングが施されており、ご飯がこびりつくこともありません。

総評

「象印 NW-FB10」は、白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊ける、まさに万能な炊飯器です。毎日の食卓を彩る、極上の炊き上がりをぜひ体験してみてください。

おすすめポイント

  • 象印独自の「炎舞炊き」技術による、ふっくらと甘みのある炊き上がり
  • 白米だけでなく、玄米や雑穀米も美味しく炊ける
  • 豊富な炊飯コースと便利な予約炊飯・保温機能
  • 取り外しが簡単で洗いやすいパーツ

気になる点

  • 価格がやや高め
  • 内釜が重いため、扱いには注意が必要

総合評価

機能性、炊き上がり、お手入れのしやすさ、全てにおいて満足度の高い炊飯器です。価格に見合う価値のある商品だと感じました。

\ 舞い上がるお米、ふっくら御飯 /

10万円以上~

10万円以上~のお米マイスターおすすめ炊飯器は以下の4つです。

スクロールできます
【象印】炎舞炊き NW-UT07
【象印】
炎舞炊き NW-UT07
【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JRX-T100-WT
【タイガー炊飯器】
土鍋ご泡火炊き JRX-T100
【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JPH-G100
【タイガー炊飯器】
土鍋ご泡火炊き JPH-G100
【象印】炎舞炊き NW-LB10
【象印】
炎舞炊き NW-LB10
炊飯容量4号5.5合5.5合5.5合
炊飯方式圧力IH圧力IH圧力IH圧力IH
お米マイスターおすすめ炊飯器(10万円以上~)の比較表

【象印】炎舞炊き NW-UT07

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-UT07
  • 型番: NW-UT07
  • 炊飯方式: 圧力IH
  • 釜: 5mm厚 ダイヤモンド竈釜
  • 炊飯容量: 0.5合~4.0合
  • 内釜素材: ふっ素樹脂加工
  • 外形寸法: 27.5×28.5×38.0cm
  • 重量: 6.0kg
  • 消費電力: 1400W
  • 4つの底IHヒーターで激しい対流を生み出し、お米の芯までふっくら炊き上げる
  • 高圧力(1.3気圧)で炊き上げることで、お米の甘みを引き出し、ふっくらとした食感に
  • 白米だけでなく、玄米や雑穀米などの炊き分けも可能
  • お手入れ簡単な内釜としゃもじ
  • コンパクトなサイズで、一人暮らしや少人数のご家庭に最適

こんな人におすすめ

  • 少量のご飯を炊きたい一人暮らしの方
  • 自分の好みに合わせて炊き分けたい方
  • ふっくらと美味しいご飯を炊きたい方
  • コンパクトな炊飯器を探している方
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している方
【象印】炎舞炊き NW-UT07のレビュー

いに念願だった象印の圧力IH炊飯器「NW-UT07」を購入しました!以前から評判の良い炎舞炊きを試してみたかったのですが、実際に使ってみると想像以上に素晴らしい炊飯器で感動しました。

まず、炊き上がりのご飯がとにかく美味しいんです。白米はもちろん、玄米や雑穀米もふっくらと美味しく炊けます。特に白米は、一粒一粒がしっかりとしていて、噛むほどに甘みを感じられます。今まで味わったことのない美味しさで、毎日炊き立てのご飯を食べるのが楽しみになりました。

また、NW-UT07は機能も充実しています。白米だけでも「しゃっきり」「ふつう」「もちもち」の3種類から炊き上がりを選べるほか、「わが家炊き」機能で自分好みの味に調整することもできます。さらに、玄米や雑穀米、炊き込みご飯など、様々なメニューに対応しているのも魅力です。

使い勝手も良く、お手入れも簡単です。内釜と内ぶたは取り外して洗えるので、清潔に保つことができます。また、自動洗浄機能付きなので、忙しい時でも手間をかけずに洗浄できます。

デザインもシンプルでスタイリッシュなので、キッチンに置いていても違和感ありません。

NW-UT07は、価格はやや高めですが、それだけの価値のある炊飯器だと思います。美味しいご飯を毎日食べたい方、機能性にこだわりたい方におすすめです。

\ 冷凍ごはん専用メニューが新搭載 /

【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JRX-T100

商品の特徴
【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JRX-T100-WT
  • 炊飯容量:5.5合
  • 炊飯方式:土鍋圧力IH
  • 内釜:土鍋(遠赤土3層)
  • 加熱方式:300℃ WレイヤーIH
  • 炊飯メニュー:白米(しゃっきり/標準/もちもち/玄米)、おこげ、炊き込みご飯、おかゆ、雑穀米、無洗米、麦ごはん
  • 保温機能:保温/予約保温
  • その他機能:早炊き、麦めしコース、予約タイマー、湯わかし機能、エコ炊飯
  • 最大の特徴は、約300℃の炊飯を実現する「300℃ WレイヤーIH」です。従来のフラッグシップモデルのコイル表面積から約160%アップした2層IHコイル構造を採用し、発熱パワーを高めました。釜底部分を包み込む発熱コイルの1層目は、釜全体に熱をシームレスに伝えます。
  • 「300℃ WレイヤーIH」によって、お米の芯まで熱を均一に伝えることができ、一粒一粒ふっくらとした甘みのあるご飯を炊き上げることができます。
  • 内釜には、遠赤土を3層に重ねた土鍋を使用しています。遠赤土は、熱をじっくりと蓄熱する性質があり、お米の旨味を最大限に引き出すことができます。
  • 内釜の底面には、蓄熱性の高い「土鍋コート」を採用しています。これにより、お米の余分な水分を吸収し、ふっくらと炊き上げる効果があります。
  • 白米、おこげ、炊き込みご飯、おかゆ、雑穀米、無洗米、麦ごはんなど、さまざまな炊飯メニューを搭載しています。

こんな人におすすめ

  • 最高のご飯を炊きたい人
  • 土鍋ご飯が好き
  • 白米の銘柄にこだわりがある
  • 炊き立てのご飯を長持ちさせたい
  • お手入れが簡単な炊飯器が欲しい
  • デザイン性の高い炊飯器が欲しい
【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JRX-T100のレビュー

タイガー炊飯器「土鍋ご泡火炊き JRX-T100」を2ヶ月間使用してみました。結論から言うと、これは間違いなく今まで使ってきた炊飯器の中で最高峰です。

まず、炊き上がりのご飯の美味しさに感動しました。土鍋の遠赤外線効果で、一粒一粒がふっくらと立ち上がり、甘みと旨味が引き出されています。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けます。特に玄米は、今までパサパサで苦手だったのですが、JRX-T100で炊くとモチモチで食べやすく、毎日玄米を食べるようになりました。

また、豊富なメニューも魅力です。白米だけでも「標準」「しゃっきり」「もちもち」など5段階の炊き分けが可能です。その他にも、玄米、雑穀米、おこわ、炊き込みご飯など、様々なメニューが用意されています。

さらに、お手入れも簡単です。土鍋は内釜と一体型なので、洗うのは内釜としゃもじだけ。忙しい時でも気軽に美味しいご飯が炊けます。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに置いておくだけでテンションが上がります。操作も簡単で、誰でもすぐに使いこなせると思います。

唯一のデメリットは価格が高いこと。しかし、この美味しさとお手入れの簡単さを考えれば、十分納得できる価格です。

美味しいご飯を毎日食べたい方、お手軽に炊飯を楽しみたい方、デザインにもこだわりたい方におすすめです。JRX-T100は、間違いなくあなたに満足を与えてくれる炊飯器です。

\ 心を満たす、ごちそうごはん /

【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JPH-G100

商品の特徴
【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JPH-G100
  • 炊飯量:5.5合
  • タイプ:圧力IH炊飯器
  • 炊飯機能:食感炊き、早炊き
  • 調理機能:煮物・煮込み
  • 省エネ性能:最大消費電力 1075 W
  • 年間電気代:約2290円
  • サイズ・重量:幅x高さx奥行き 261x220x325 mm、重さ 6.6 kg
  • カラー:ブラック
  • 本土鍋を使用しており、土鍋ならではの高火力と遠赤効果で、お米の旨みを閉じ込めて炊き上げます。また、底面に「波紋底」を採用することで、泡立ちを強化し、お米一粒ひと粒に均一に熱を伝えます。
  • 「遠赤土鍋プレート」は、土鍋の遠赤効果で、お米の表面をサッと蒸し上げ、ふっくらとした食感に仕上げます。また、「つや艶内ふた」は、内なべの熱を閉じ込め、お米の旨みを逃さず炊き上げます。
  • 3つのメモリーを搭載しており、予約時間やメニューを自由に設定できます。また、予約吸水タイマーを使えば、炊飯の前に予めお米を吸水させることができ、炊き上がりの美味しさを向上させます。
  • 24時間保温を搭載しており、炊きたての美味しさを長時間保つことができます。
  • 内なべにはフッ素コーティングを施しており、お手入れが簡単です。また、お手入れコースを使えば、内なべや内ふたを自動で洗浄することができます。

こんな人におすすめ

  • 土鍋で炊いたような、ふっくらと美味しいご飯を食べたい人
  • 白米だけでなく、玄米や麦ごはんも美味しく炊きたい人
  • 少量のご飯を炊くことが多い人
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している人
【タイガー炊飯器】土鍋ご泡火炊き JPH-G100のレビュー

タイガーの土鍋圧力IH炊飯器「JPH-G100」を購入して半年ほど経ちました。毎日愛用しているので、使用感や感想をレビューしたいと思います。

まず、土鍋ご泡火炊きで炊いたご飯の美味しさは格別です。高火力と遠赤効果で、お米一粒ひと粒がふっくらと炊き上がり、甘みと旨味が引き出されています。炊き上がりは、まるで土鍋で炊いたような香ばしさがあり、つやつやで美しいです。

白米だけでなく、玄米や雑穀米も美味しく炊けます。玄米は、以前使っていた炊飯器ではパサパサに仕上がっていたのですが、JPH-G100ではふっくらと美味しく炊けました。雑穀米も、それぞれの素材の食感を活かした仕上がりになります。

また、お手入れも簡単です。内鍋は土鍋ですが、表面がコーティングされているので、洗剤で洗うことができます。炊飯後は自動で洗浄してくれる機能もあるので、手間がかかりません。

唯一の欠点は、価格が高いことです。しかし、毎日美味しいご飯を食べられることを考えると、十分に価値のある買い物だったと思います。

JPH-G100は、美味しいご飯を毎日食べたい方、土鍋炊飯のような味わいを楽しみたい方にオススメの炊飯器です。

\ 土鍋を超えた、泡立ちの魔法 /

【象印】炎舞炊き NW-LB10

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-LB10
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 消費電力:1240W(炊飯時)、120W(保温時)
  • 外形寸法:幅275×奥行350×高さ235mm
  • 質量:8.5kg
  • 炎舞炊き:底IHヒーターを6つに増強し、激しい対流を起こして甘みを引き出す
  • うま味引き出し炊き:高温で炊飯することで、お米の旨味を凝縮する
  • 食感炊き:お好みの食感に炊き上げる
  • 早炊き:約15分で炊き上げる
  • エコ炊き:省エネで炊き上げる

こんな人におすすめ

  • ふっくらと甘みのあるご飯を炊きたい人
  • 自分の好みに合わせて炊き方を調整したい人
  • 白米を早く炊きたい人
  • 玄米を炊きたい人
  • お手入れが簡単な炊飯器が欲しい人
【象印】炎舞炊き NW-LB10のレビュー

象印の圧力IH炊飯器「炎舞炊き NW-LB10」を実際に購入して2ヶ月ほど使用しました。毎日炊きたてのご飯を味わっており、その美味しさと使いやすさにすっかり虜になっています。

まず、一番の魅力はやはりご飯の美味しさです。以前使っていた炊飯器とは比べ物にならないほど、ふっくらと弾力のあるご飯が炊き上がります。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けます。とくに白米は一粒一粒がしっかりとしていて、噛むほどに甘みを感じます。

また、炊き上がりの硬さや粘り、水加減なども細かく調整できるので、自分の好みに合わせて炊き上げることもできます。我が家では、子供は柔らかいご飯が好きで、私は硬めのご飯が好きなので、それぞれ好みの設定で炊き分けることができるのがとても便利です。

さらに、お手入れも簡単です。内釜はフッ素加工が施されているので、洗うのも楽々です。また、蒸気口セットや内蓋も取り外して洗えるので、常に清潔に保てます。

デザインもシンプルでスタイリッシュなので、キッチンに置いていても場所を取らず、おしゃれな雰囲気になります。

操作も簡単で、誰でも簡単に使いこなせると思います。メニューボタンを押して、希望のメニューを選ぶだけなので、迷うことなく操作できます。

もちろん、デメリットもいくつかあります。例えば、他の炊飯器に比べて価格が高いことや、炊飯時に音が少し大きいことが挙げられます。

しかし、ご飯の美味しさや使いやすさを考えると、この価格以上の価値があると思います。炊飯器を買い替えようと思っている方に、ぜひおすすめしたい商品です。

\ 家族の笑顔、炎舞炊きで /

お米マイスターおすすめの炊飯器(炊飯器のタイプ別)

お米マイスターおすすめの炊飯器(炊飯器のタイプ別)

ここでは「炊飯器のタイプ別」に「お米マイスターおすすめの炊飯器」を紹介します。

お米マイスターおすすめの炊飯器(炊飯器のタイプ別)
  • 【圧力IH炊飯器】・・・【象印】炎舞炊き NW-UT07、【象印】炎舞炊き NW-PU10、【パナソニック】SR-NA102、【パナソニック】SR-NB102
  • 【IH炊飯器】・・・【象印】極め炊き NW-VD10、【象印】極め炊き NW-VC10、【象印】STAN. NW-SA10

圧力IH炊飯器

圧力IH炊飯器のお米マイスタおすすめ炊飯器は以下の4つです。

スクロールできます
【象印】炎舞炊き NW-UT07
【象印】
炎舞炊き NW-UT07
【象印】炎舞炊き NW-PU10
【象印】
炎舞炊き NW-PU10
【パナソニック】SR-NA102
【パナソニック】
SR-NA102
【パナソニック】SR-NB102
【パナソニック】
SR-NB102
炊飯容量4号5.5合5.0合5.0合
炊飯方式圧力IH圧力IH圧力IH圧力IH
お米マイスターおすすめ炊飯器(圧力IH)の比較表

【象印】炎舞炊き NW-UT07

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-UT07
  • 型番: NW-UT07
  • 炊飯方式: 圧力IH
  • 釜: 5mm厚 ダイヤモンド竈釜
  • 炊飯容量: 0.5合~4.0合
  • 内釜素材: ふっ素樹脂加工
  • 外形寸法: 27.5×28.5×38.0cm
  • 重量: 6.0kg
  • 消費電力: 1400W
  • 4つの底IHヒーターで激しい対流を生み出し、お米の芯までふっくら炊き上げる
  • 高圧力(1.3気圧)で炊き上げることで、お米の甘みを引き出し、ふっくらとした食感に
  • 白米だけでなく、玄米や雑穀米などの炊き分けも可能
  • お手入れ簡単な内釜としゃもじ
  • コンパクトなサイズで、一人暮らしや少人数のご家庭に最適

こんな人におすすめ

  • 少量のご飯を炊きたい一人暮らしの方
  • 自分の好みに合わせて炊き分けたい方
  • ふっくらと美味しいご飯を炊きたい方
  • コンパクトな炊飯器を探している方
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している方
【象印】炎舞炊き NW-UT07のレビュー

いに念願だった象印の圧力IH炊飯器「NW-UT07」を購入しました!以前から評判の良い炎舞炊きを試してみたかったのですが、実際に使ってみると想像以上に素晴らしい炊飯器で感動しました。

まず、炊き上がりのご飯がとにかく美味しいんです。白米はもちろん、玄米や雑穀米もふっくらと美味しく炊けます。特に白米は、一粒一粒がしっかりとしていて、噛むほどに甘みを感じられます。今まで味わったことのない美味しさで、毎日炊き立てのご飯を食べるのが楽しみになりました。

また、NW-UT07は機能も充実しています。白米だけでも「しゃっきり」「ふつう」「もちもち」の3種類から炊き上がりを選べるほか、「わが家炊き」機能で自分好みの味に調整することもできます。さらに、玄米や雑穀米、炊き込みご飯など、様々なメニューに対応しているのも魅力です。

使い勝手も良く、お手入れも簡単です。内釜と内ぶたは取り外して洗えるので、清潔に保つことができます。また、自動洗浄機能付きなので、忙しい時でも手間をかけずに洗浄できます。

デザインもシンプルでスタイリッシュなので、キッチンに置いていても違和感ありません。

NW-UT07は、価格はやや高めですが、それだけの価値のある炊飯器だと思います。美味しいご飯を毎日食べたい方、機能性にこだわりたい方におすすめです。

\ 冷凍ごはん専用メニューが新搭載 /

【象印】炎舞炊き NW-PU10

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-PU10
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 容量:5.5合
  • 消費電力:1,230W
  • 保温時間:60時間
  • 重量:6.3kg
  • サイズ:幅27.5×奥行36.5×高さ22.0cm
  • かまどの炎の激しいゆらぎを再現した「炎舞炊き」を搭載
  • 内釜は「鉄(くろがね仕込み)豪炎かまど釜」で、熱伝導率がアップし、お米をムラなく炊き上げる
  • 81通りの「わが家炊き」メニューを搭載
  • 冷凍保存したご飯もおいしく炊ける「冷凍保存用コース」を搭載
  • スマホで操作できる「スマホ連携機能」を搭載

こんな人におすすめ

  • 毎日のご飯を美味しく炊きたい人
  • 白米だけでなく、玄米や麦ごはんも炊きたい人
  • 好みの食感に調整したい人
  • 銘柄に合わせた炊き分けをしたい人
  • 手入れが簡単な炊飯器が欲しい人
【象印】炎舞炊き NW-PU10のレビュー

象印 NW-PU10を購入して、約1ヶ月が経ちました。以前使用していた炊飯器は5万円ほどのものでしたが、NW-PU10に買い替えてから、ご飯の美味しさに感動しています。

まず、白米がとにかく美味しく炊けます。以前の炊飯器では、芯まで炊きムラがあったり、パサパサしたりすることがありましたが、NW-PU10では毎回ふっくらつやつやに炊き上がります。特に、白米モードで炊いたご飯は、粒立ちがしっかりしていて、噛むほどに甘みを感じます。

玄米も美味しく炊けます。以前は玄米を炊くのに時間がかかり、水加減も難しかったのですが、NW-PU10では玄米モードを使えば、簡単に美味しく炊けます。玄米は白米よりも栄養価が高く、健康にも良いので、NW-PU10を購入してからは玄米を食べる頻度が増えました。

また、NW-PU10は内釜が洗えるので、清潔に保ちやすいです。以前の炊飯器は内釜が洗えなかったので、お手入れが大変でしたが、NW-PU10は内釜を食洗機で洗えるので、お手入れが楽になりました。

さらに、NW-PU10はデザインもスタイリッシュで、キッチンに置いておくだけでおしゃれです。以前の炊飯器はデザインが古臭かったので、キッチンに置いておくのが恥ずかしかったのですが、NW-PU10はデザインも気に入っているので、キッチンに置くのが楽しみです。

NW-PU10は、価格が少し高いですが、それだけの価値は十分にあると思います。ご飯を美味しく炊きたい方、玄米を簡単に炊きたい方、お手入れが楽な炊飯器を探している方におすすめです。

\ 一粒一粒、至福の輝き /

【パナソニック】SR-NA102

商品の特徴
【パナソニック】SR-NA102
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 炊飯容量:5合
  • 内釜:ダイヤモンド竈釜(全面打ち出し加工)
  • 加熱方式:ダブル加熱(IH+バーナー)
  • 保温方式:スチーム保温
  • 調理機能:無水調理、低温調理(塊肉専用)
  • コンパクトなサイズ:幅25.5cm×奥行27.7cm×高さ23.3cmで、パナソニックの3合炊き炊飯器よりも小さい設置面積を実現。
  • 使いやすさ:ワンタッチ操作で炊飯や保温が可能。また、お手入れ部品が少ないのも特徴。
  • ふっくらとしたご飯:ダイヤモンド竈釜で、お米の芯まで熱を伝えてふっくらと炊き上げます。
  • 調理機能:無水調理や低温調理で、本格的な料理も作れます。

こんな人におすすめ

  • 少人数のご家庭で、圧力IH炊飯器をお探しの方
  • コンパクトな炊飯器をお探しの方
  • 無水調理や低温調理も楽しみたい方
  • お手入れが簡単な炊飯器をお探しの方
【パナソニック】SR-NA102のレビュー

一人暮らしを始めて、初めて炊飯器を購入しました。色々調べて、パナソニックのSR-NA102を選びました。決め手は、圧力IHでふっくらご飯が炊けるのに、コンパクトなサイズだったことです。

実際に使ってみて、まず驚いたのがご飯の美味しさです。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けます。以前は炊飯器で玄米を炊くと、時間がかかったり、芯が残ったりすることがあったのですが、SR-NA102なら問題ありません。

また、コンパクトなサイズなので、一人暮らしの部屋にも置きやすいです。炊飯器って意外と場所を取るのですが、SR-NA102は幅36cmとスリムなので、キッチンボードのちょっとしたスペースにも置けます。

さらに、お手入れも簡単です。内釜としゃもじは食洗機で洗えるので、忙しい朝でも楽々です。

気になる点としては、保温機能が少し弱いかなと感じます。長時間保温すると、ご飯が乾燥してしまうことがあります。

総合的には、SR-NA102は、一人暮らしや少人数世帯におすすめの炊飯器です。圧力IHでふっくらご飯が炊けるのに、コンパクトで場所を取らないのが魅力です。お手入れも簡単なので、忙しい方にもおすすめです。

\ 毎日にちょっと贅沢なご飯を /

【パナソニック】SR-NB102

商品の特徴
【パナソニック】SR-NB102
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 内釜:ダイヤモンド竈釜
  • 炊飯容量:5合
  • 消費電力:1200W
  • 外形寸法:幅27.0×奥行39.0×高さ22.6cm
  • 質量:5.1kg
  • 付属品:計量カップ、しゃもじ、内釜用ふた、内釜用内ぶた、内釜用蒸気口清掃ブラシ
  • 5合炊きモデルながら、パナソニック圧力IHジャー炊飯器史上最小設置面積を実現しています。キッチンに置いてもスペースにゆとりが生まれます。
  • 内釜に圧力をかけてお米の芯までしっかりと熱を伝えることで、ふっくらとおいしいご飯を炊き上げます。
  • 内釜には、発熱性と蓄熱性に優れた「ダイヤモンド竈釜」を採用しています。お米の芯まで熱をムラなく伝えることで、よりおいしいご飯を炊き上げます。
  • お手入れ部品はたった2点です。また、ワンタッチふた加熱板や圧力お手入れ機能が搭載されているので、お手入れも簡単です。

こんな人におすすめ

  • 一人暮らしや2人暮らしで、コンパクトな炊飯器を探している方
  • 圧力IHでふっくらとしたご飯を炊きたい方
  • 白米だけでなく、玄米も美味しく炊きたい方
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している方
  • 多彩な炊飯コースで、色々なご飯を楽しみたい方
【パナソニック】SR-NB102のレビュー

実際にSR-NB102を使い始めて、まず驚いたのがそのコンパクトさです。幅22.5cm、奥行27.5cmと、一般的な炊飯器よりもかなり小さく、一人暮らしのキッチンにも楽々収まりました。

そして肝心の炊き上がりですが、これが本当に素晴らしい!圧力IHならではのふっくらとしたご飯が、毎回簡単に炊けます。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けました。特に玄米は、以前使っていた炊飯器では芯が硬かったり、炊きムラがあったりしましたが、SR-NB102ではふっくらモチモチに炊き上がり、玄米が苦手だった家族も喜んで食べています。

お手入れも簡単で、内釜としゃもじは食洗機で洗えるので、忙しい朝でも楽々です。

\ 圧力IHで、毎日に幸せごはん /

IH炊飯器

IH炊飯器のお米マイスターおすすめ炊飯器は以下の3つです。

【象印】極め炊き NW-VD10
【象印】
極め炊き NW-VD10
【象印】極め炊き NW-VC10
【象印】
極め炊き NW-VC10
【象印】STAN. NW-SA10
【象印】
STAN. NW-SA10
炊飯容量5.5合5.0合5.5合
炊飯方式IHIHIH
お米マイスターおすすめ炊飯器(IH)の比較表

【象印】極め炊き NW-VD10

商品の特徴
【象印】極め炊き NW-VD10
  • 炊飯方式:IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 最大消費電力:1200W
  • 保温機能:30時間(※)
  • 内釜:鉄(黒まる厚釜)
  • 内ぶた:洗える内ぶた
  • 保証期間:1年
  • 豪熱沸とうIH:ふきこぼれを気にせず、沸とう後も火を引かずにIHの高火力で炊き続けます。うまみを引き出し、芯までふっくらしたごはんが炊き上がります。
  • 白米炊き分け3コース:お好みの食感に合わせて、白米炊き分け3コースから選べます。
  • うるつや保温:内釜底から立ち上る熱対流で、ごはんの水分を均一に保ち、30時間おいしく保温できます。
  • 炊飯時間メモリー:炊飯時間を最大3回まで記憶できます。
  • 予約タイマー:最大24時間まで予約できます。

こんな人におすすめ

  • ふっくらとしたご飯を毎日食べたい方
  • 白米だけでなく、麦ごはんや玄米も炊きたい方
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している方
  • 象印の炊飯器を検討している方
【象印】極め炊き NW-VD10のレビュー

象印のIH炊飯器「極め炊き NW-VD10」を実際に購入し、約1ヶ月使用してみました。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けるので、毎日欠かせない存在になっています。

まず、一番の魅力はやはり炊き上がりの美味しさです。白米はふっくらと炊き上がり、一粒一粒がしっかりとしていて、噛むほどに甘みを感じられます。玄米も白米に負けないくらい美味しく、もっちりとした食感と香ばしい風味がたまりません。雑穀米も、それぞれの素材の味わいをしっかりと感じられる仕上がりです。

炊飯機能も充実しています。白米だけでも「標準」「白米やわらかめ」「白米かため」など、3種類から炊き上がりを選ぶことができます。玄米や雑穀米も、それぞれに最適な炊き上がりで炊くことができるので、失敗がありません。

内釜は「黒まる厚釜」という、熱伝導率の高い釜を採用しています。そのため、ムラなく均一に火が通り、ふっくらと美味しいご飯が炊き上がります。また、内釜は取り外して洗うことができるので、お手入れも簡単です。

操作もシンプルで使いやすいです。炊飯ボタンを押すだけで簡単に炊飯を始められます。また、タイマー機能や予約機能も搭載しているので、忙しい朝や夜も便利です。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに馴染みます。カラーはホワイトとブラックの2色展開なので、好みに合わせて選ぶことができます。

気になる点としては、少し値段が高いことです。しかし、毎日使うものなので、美味しいご飯を炊けることを考えると、決して高い買い物ではないと思います。

総合的に見て、象印 極め炊き NW-VD10は、美味しいご飯を炊きたい方におすすめのIH炊飯器です。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けるので、健康志向の方にもぴったりです。

\ 内なる力、至極のご飯へ /

【象印】極め炊き NW-VC10

商品の特徴
【象印】極め炊き NW-VC10
  • 炊飯方式:IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 炊飯時間:白米:約55分(炊飯コース:白米)
  • 保温時間:30時間(うるつや保温)
  • 消費電力:1400W
  • 本体サイズ:幅27.5×奥行36.5×高さ23.8cm
  • 本体重量:4.2kg
  • 豪熱沸とうIH:内釜底のIHコイルが強力に加熱して、沸とう後も高火力を維持することで、お米のうまみを引き出す。
  • 白米炊き分け3コース:ふつう・かため・やわらかめから、好みの食感を選べる。
  • うるつや保温:ふたセンサーと底センサーが保温に最適な火加減で温度をコントロールし、水分の蒸発を抑えて30時間おいしく保温する。
  • 時計式2メモリータイマー:朝と夜など、2つの予約時刻で炊き上がり時間をセットできる。
  • お知らせメロディ:タイマーセット時、炊飯完了時にメロディーでお知らせする。
  • 親切目盛(0.5カップごと):0.5カップごと(白米)の水位線が内釜についている。

こんな人におすすめ

  • 美味しいご飯を炊きたい人
  • 麦ごはんをよく食べる人
  • 玄米をよく食べる人
  • 炊き込みご飯をよく作る人
  • おこげが好き
  • 少量のご飯を炊くことが多い人
  • おかゆをよく食べる人
  • 手入れが簡単な炊飯器が欲しい人
【象印】極め炊き NW-VC10のレビュー

待望の象印 NW-VC10「極め炊き」を購入してから毎日愛用しています。以前使っていた炊飯器とは比べ物にならないほどの美味しさに、毎日のご飯が楽しみになりました。

まず、白米の甘みとふっくら感が格別です。一粒一粒がしっかり立っていて、噛むほどに甘みと旨味が広がります。炊飯後も時間が経ってもパサつきにくく、最後まで美味しくいただけます。

「極め炊き」コースは、白米の品種や水加減を自動で調整してくれるので、誰でも簡単に最高の炊き上がりを実現できます。玄米や雑穀米など、様々なメニューにも対応しているので、健康志向の方にもおすすめです。

操作もシンプルで使いやすいです。必要なボタンは少なく、メニュー選択も迷うことなく行えます。お手入れも簡単で、内釜やしゃもじは食洗機で洗えるので便利です。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに馴染みます。カラーバリエーションも豊富なので、自分の好みに合わせて選べます。

あえてデメリットを挙げるとすれば、価格が少し高めという点でしょうか。しかし、この美味しさと思考性を考えると、十分に納得できる価格だと思います。

白米をもっと美味しく炊きたい方、健康的な食生活を送りたい方におすすめしたい炊飯器です。NW-VC10「極め炊き」は、あなたのご飯をより豊かなものにしてくれるでしょう。

\ 炊き上がりに感動を /

【象印】STAN. NW-SA10

商品の特徴
【象印】STAN. NW-SA10
  • 炊飯方式:IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 内釜:黒まる厚釜(釜厚1.7mm)
  • 炊飯機能:豪熱沸とうIH、白米炊き分け3コース、ベビーごはん
  • 保温機能:うるつや保温、高め保温
  • その他機能:全面加熱、あったか再加熱、ディンプルステンレス(内ぶた)、時計式2メモリータイマー、お知らせメロディー、洗える内ぶた、コードリール、洗米OK内釜
  • 全面加熱:内釜の底だけでなく、側面も加熱することで、お米にムラなく火が通ります。
  • あったか再加熱:保温したご飯を、温かい状態で食べられます。
  • ディンプルステンレス(内ぶた):内ぶたの表面にディンプル加工を施すことで、ご飯がこびりつきにくくなっています。

こんな人におすすめ

  • 5.5合炊き以下の炊飯器を探している人
  • 白米を美味しく炊き上げたい人
  • 離乳食を簡単に作りたい人
  • ご飯を温かい状態で食べたい人
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している人
【象印】STAN. NW-SA10のレビュー

象印のIH炊飯器「STAN. NW-SA10」を購入して数ヶ月が経ちました。毎日使い続ける中で、その使いやすさと炊き上がりにすっかり虜になっています。

まず、操作性が非常にシンプルで使いやすいです。炊飯ボタンを押すだけで、誰でも簡単に美味しいご飯を炊き上げることができます。白米だけでなく、玄米や雑穀米などの炊飯にも対応しており、健康志向の方にもおすすめです。

そして、何と言っても炊き上がりのご飯が絶品です。IH炊飯器ならではのふっくらとした食感と、お米の一粒一粒がしっかり立った美しい仕上がりは、まさに感動の一言です。保温機能も優秀で、長時間保温してもご飯がパサつくことなく、最後まで美味しくいただけます。

また、お手入れも簡単です。内釜は洗米も可能で、内蓋や蒸らし口なども取り外して洗うことができるため、常に清潔に保つことができます。

STAN. NW-SA10は、デザインもシンプルでスタイリッシュなので、どんなキッチンにも馴染みます。一人暮らしの方から家族持ちの方まで、幅広い層におすすめできる一台です。

\ 毎日のごはんをもっと特別なものに /

お米マイスターおすすめの炊飯器(容量別)

お米マイスターおすすめの炊飯器(容量別)

ここでは「容量別」に「お米マイスターおすすめの炊飯器」を紹介します。

あきら

ちなみに、炊くだけで糖質が平均28%カットになる魔法のような炊飯器があります!詳細は以下のボタンからご覧ください。

\ ご飯の糖質が気になる人に選ばれています /

【今だけ】14,800円⇒7,980円(46%OFF

お米マイスターおすすめの炊飯器(容量別)
  • 【3合炊き】・・・【象印】極め炊き NP-GK05、【象印】極め炊き NP-RT05、【タイガー炊飯器】炊きたてミニ JAI-R551
  • 【5.5合炊き】・・・【象印】極め炊き NW-VD10、【象印】炎舞炊き NW-PU10、【象印】炎舞炊き NW-FB10
  • 【10合炊き】・・・【象印】炎舞炊き NW-FB18、【象印】炎舞炊き NW-PU18、【象印】炎舞炊き NW-FA18

3合炊き

3合炊きのお米マイスターおすすめ炊飯器は以下の3つです。

スクロールできます
【象印】極め炊き NP-GK05
【象印】
極め炊き NP-GK05
【象印】極め炊き NP-RT05
【象印】
極め炊き NP-RT05
【タイガー炊飯器】炊きたてミニ JAI-R551
【タイガー炊飯器】
炊きたてミニ JAI-R551
炊飯容量3合3合3合
炊飯方式IHIHマイコン
お米マイスターおすすめ炊飯器(3合炊き)の比較表

【象印】極め炊き NP-GK05

商品の特徴
【象印】極め炊き NP-GK05
  • 炊飯方式:IH
  • 炊飯容量:3合
  • 保温容量:3合
  • 内釜:鉄器コートプラチナ厚釜
  • 内釜容量:3.0L
  • 保温方式:うるつや保温、高め保温
  • メニュー:白米、炊き込みご飯、おかゆ、玄米、麦ご飯、おこげ、パン(発酵・焼き)
  • タイマー:時計式2メモリータイマー
  • 付属品:しゃもじ、計量カップ
  • 強火で炊き続ける「豪熱沸とうIH」採用
  • 沸とう後も火を引かずにIHの高火力で炊き続け、芯までふっくらしたごはんが炊ける
  • 「熟成炊き(白米)」でごはんの甘みがさらにアップ
  • 「もち麦」や「押し麦」も麦の風味を生かしながらおいしく炊き上げる専用のメニューを搭載
  • 30時間おいしく保温できる「うるつや保温」「高め保温」を選べる
  • 発酵から焼き上げまで手作りパンが楽しめる「パン(発酵・焼き)」メニュー付き

こんな人におすすめ

  • 少人数のご家庭で、おいしいご飯を炊きたい方
  • 麦ごはんや玄米など、健康志向のご飯を炊きたい方
  • お手入れが簡単な炊飯器をお探しの方
  • コンパクトな炊飯器をお探しの方
【象印】極め炊き NP-GK05のレビュー

一人暮らしを始めて、念願の炊飯器を購入しました。色々悩んだ末に選んだのは、象印の「極め炊き NP-GK05」です。3合炊きとコンパクトなサイズながら、IH式で高火力炊き上げができるのが魅力です。

実際に使ってみて、まず感動したのがご飯の美味しさです。今まで食べていた炊飯器とは比べ物にならないくらい、ふっくらと弾力のあるご飯が炊き上がります。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けます。

操作も簡単で、炊飯ボタンを押すだけで完璧なご飯が炊き上がります。忙しい朝でも、手軽に美味しいご飯が食べられるのは本当に助かります。

また、内釜は洗って乾かすのが簡単で、お手入れも楽々です。一人暮らしには嬉しいポイントですね。

コンパクトなサイズなので、置き場所にも困りません。一人暮らしの部屋でも、邪魔にならずに設置できます。

デザインもシンプルでスタイリッシュなので、キッチンに置いておくだけでおしゃれな雰囲気になります。

あえてデメリットを挙げるとすれば、3合炊きなので、家族が多い方には不向きかもしれません。また、保温機能はついていないので、長時間保温したい場合は別の方法が必要です。

しかし、一人暮らしの方や、美味しいご飯を手軽に炊きたい方には、象印の「極め炊き NP-GK05」は本当におすすめです。購入して本当に良かったです。

\ ひとりじめ極上ごはん /

【象印】極め炊き NP-RT05

商品の特徴
【象印】極め炊き NP-RT05
  • 炊飯容量:3合
  • 内釜:鉄器コートプラチナ厚釜
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 炊飯メニュー:白米(しゃっきり・ふつう・もちもち)、すしめし、玄米、麦ごはん
  • 保温方式:うるつや保温
  • その他機能:2メモリータイマー、あったか再加熱、大型バックライト液晶
  • 内釜には、鉄器コートプラチナ厚釜を採用しています。鉄器の熱伝導率と蓄熱性を活かして、お米の芯までしっかりと熱を伝え、ふっくらとしたご飯を炊き上げます。また、プラチナコートにより、汚れがつきにくく、お手入れが簡単です。
  • 圧力IH炊飯方式を採用しており、内釜に圧力をかけて、お米の芯までしっかりと熱を伝えることで、甘み成分を引き出したご飯を炊き上げます。
  • 白米(しゃっきり・ふつう・もちもち)、すしめし、玄米、麦ごはんの4種類の炊飯メニューを搭載しています。お好みの食感やお米に合わせて、炊飯メニューを選択できます。

こんな人におすすめ

  • 1~2人暮らしで、少量のご飯を美味しく炊きたい方
  • 白米だけでなく、玄米や麦、おかゆも炊きたい方
  • 自分の好みに合わせて炊き分けたい方
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している方
【象印】極め炊き NP-RT05のレビュー

一人暮らしを始めて、炊飯器を新調しようと思い、色々調べていたところ、象印の「極め炊き NP-RT05」にたどり着きました。小容量で場所を取らない、お手入れが簡単、そして何より美味しいご飯が炊けると評判だったので、購入を決意しました。

実際に使ってみて、まず驚いたのはご飯の美味しさです。今まで使っていた炊飯器とは比べ物にならないくらい、ふっくらと炊き上がり、お米の一粒一粒がしっかり立っています。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けます。

また、炊飯器の操作も非常に簡単です。メニューボタンを押して、白米、玄米、雑穀米などを選ぶだけ。あとは炊飯ボタンを押せば、勝手に炊き上げてくれます。忙しい朝でも、簡単に美味しいご飯が食べられるので、とても助かっています。

さらに、お手入れも簡単です。内釜はフッ素加工が施されているので、ご飯がこびりつくこともなく、洗うのが楽です。また、内蓋や蒸気口なども簡単に取り外せるので、隅々まで清潔に保つことができます。

小容量なので、一人暮らしにはぴったりです。場所を取らないので、狭いキッチンでも置き場所に困りません。また、少量のご飯でも美味しく炊けるので、ご飯を余らせてしまうこともありません。

デザインもシンプルでスタイリッシュなので、キッチンに置いていても違和感ありません。カラーバリエーションも豊富なので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

象印 極め炊き NP-RT05は、一人暮らしの方にはもちろん、美味しいご飯を食べたい方におすすめの炊飯器です。価格も手頃なので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

\ お米の力を解き放つ /

【タイガー炊飯器】炊きたてミニ JAI-R551

商品の特徴
【タイガー炊飯器】炊きたてミニ JAI-R551
  • 炊飯方式:マイコン
  • 炊飯容量:3合
  • 内釜:黒遠赤釜(1.0mm)
  • メニュー:白米、早炊き、炊込み・おこわ、おかゆ、玄米、無洗米、煮込み
  • 保温時間:12時間
  • 時計式タイマー:2つ
  • 炊き上がり予約メモリー:2つ
  • 保温経過時間表示
  • 厚さ1mmの「黒遠赤釜」を採用した炊飯器です。黒遠赤釜は、高い遠赤効果で炊きムラを抑えて、おいしいご飯を炊き上げられます。また、内なべ洗米OKなので、お手入れも簡単です。
  • メニューは、白米、早炊き、炊込み・おこわ、おかゆ、玄米、無洗米、煮込みの7種類を搭載しています。煮込みメニューは、火かげんの難しい本格調理ができるのが特徴です。
  • 保温時間は12時間で、時計式タイマー2つ、炊き上がり予約メモリー2つを搭載しています。保温経過時間表示もあるので、保温状態を把握できます。
  • 一人暮らしや少人数世帯におすすめの炊飯器です。

こんな人におすすめ

  • 一人暮らしで美味しいご飯を炊きたい方
  • 少量のご飯を炊くことが多い方
  • 節電に気を使っている方
  • 煮込み料理も炊飯器で手軽に作りたい方
  • コンパクトで軽量な炊飯器を探している方
【タイガー炊飯器】炊きたてミニ JAI-R551のレビュー

タイガー炊飯器「炊きたてミニ JAI-R551」を購入して、約3ヶ月が経過しました。一人暮らしを始めたタイミングで、コンパクトで機能的な炊飯器を探していたのですが、まさに理想通りの商品でした。

まず、一番の魅力は、なんといってもその手軽さです。3合炊きなので、一人暮らしには十分な容量です。洗米から炊き上がりまで約30分と短時間で、忙しい朝でも簡単に炊きたてのご飯を味わえます。また、予約機能も搭載されているので、夜セットしておけば、朝起きた時に温かいご飯が食べられるのも便利です。

そして、炊き上がりのご飯の美味しさにも驚きました。遠赤外線効果でふっくらと炊き上がり、一粒一粒がしっかりと立っています。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けます。特に、無洗米モードは忙しい時に重宝しています。

さらに、お手入れも簡単です。内釜はフッ素樹脂加工が施されているので、ご飯がこびりつかず、洗うのも楽々です。また、コンパクトなので、収納場所にも困りません。

一人暮らしを始めて、炊飯器選びに悩んでいる方におすすめしたいのが、この「炊きたてミニ JAI-R551」です。手軽に美味しくご飯を炊けるので、毎日の生活がより充実したものになると思います。

\ 節電&蒸気カット! 省エネミニ炊飯器 /

5.5合炊き

5.5合炊きのお米マイスターおすすめ炊飯器は以下の3つです。

スクロールできます
【象印】極め炊き NW-VD10
【象印】
極め炊き NW-VD10
【象印】炎舞炊き NW-PU10
【象印】
炎舞炊き NW-PU10
【象印】炎舞炊き NW-FB10
【象印】
炎舞炊き NW-FB10
炊飯容量5.5合5.5合5.5合
炊飯方式IHIHマイコン
お米マイスターおすすめ炊飯器(5.5合炊き)の比較表

【象印】極め炊き NW-VD10

商品の特徴
【象印】極め炊き NW-VD10
  • 炊飯方式:IH
  • 炊飯容量:5.5合
  • 最大消費電力:1200W
  • 保温機能:30時間(※)
  • 内釜:鉄(黒まる厚釜)
  • 内ぶた:洗える内ぶた
  • 保証期間:1年
  • 豪熱沸とうIH:ふきこぼれを気にせず、沸とう後も火を引かずにIHの高火力で炊き続けます。うまみを引き出し、芯までふっくらしたごはんが炊き上がります。
  • 白米炊き分け3コース:お好みの食感に合わせて、白米炊き分け3コースから選べます。
  • うるつや保温:内釜底から立ち上る熱対流で、ごはんの水分を均一に保ち、30時間おいしく保温できます。
  • 炊飯時間メモリー:炊飯時間を最大3回まで記憶できます。
  • 予約タイマー:最大24時間まで予約できます。

こんな人におすすめ

  • ふっくらとしたご飯を毎日食べたい方
  • 白米だけでなく、麦ごはんや玄米も炊きたい方
  • お手入れが簡単な炊飯器を探している方
  • 象印の炊飯器を検討している方
【象印】極め炊き NW-VD10のレビュー

象印のIH炊飯器「極め炊き NW-VD10」を実際に購入し、約1ヶ月使用してみました。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けるので、毎日欠かせない存在になっています。

まず、一番の魅力はやはり炊き上がりの美味しさです。白米はふっくらと炊き上がり、一粒一粒がしっかりとしていて、噛むほどに甘みを感じられます。玄米も白米に負けないくらい美味しく、もっちりとした食感と香ばしい風味がたまりません。雑穀米も、それぞれの素材の味わいをしっかりと感じられる仕上がりです。

炊飯機能も充実しています。白米だけでも「標準」「白米やわらかめ」「白米かため」など、3種類から炊き上がりを選ぶことができます。玄米や雑穀米も、それぞれに最適な炊き上がりで炊くことができるので、失敗がありません。

内釜は「黒まる厚釜」という、熱伝導率の高い釜を採用しています。そのため、ムラなく均一に火が通り、ふっくらと美味しいご飯が炊き上がります。また、内釜は取り外して洗うことができるので、お手入れも簡単です。

操作もシンプルで使いやすいです。炊飯ボタンを押すだけで簡単に炊飯を始められます。また、タイマー機能や予約機能も搭載しているので、忙しい朝や夜も便利です。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに馴染みます。カラーはホワイトとブラックの2色展開なので、好みに合わせて選ぶことができます。

気になる点としては、少し値段が高いことです。しかし、毎日使うものなので、美味しいご飯を炊けることを考えると、決して高い買い物ではないと思います。

総合的に見て、象印 極め炊き NW-VD10は、美味しいご飯を炊きたい方におすすめのIH炊飯器です。白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊けるので、健康志向の方にもぴったりです。

\ 白米の奥深さに、目覚める /

【象印】炎舞炊き NW-PU10

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-PU10
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 容量:5.5合
  • 消費電力:1,230W
  • 保温時間:60時間
  • 重量:6.3kg
  • サイズ:幅27.5×奥行36.5×高さ22.0cm
  • かまどの炎の激しいゆらぎを再現した「炎舞炊き」を搭載
  • 内釜は「鉄(くろがね仕込み)豪炎かまど釜」で、熱伝導率がアップし、お米をムラなく炊き上げる
  • 81通りの「わが家炊き」メニューを搭載
  • 冷凍保存したご飯もおいしく炊ける「冷凍保存用コース」を搭載
  • スマホで操作できる「スマホ連携機能」を搭載

こんな人におすすめ

  • 毎日のご飯を美味しく炊きたい人
  • 白米だけでなく、玄米や麦ごはんも炊きたい人
  • 好みの食感に調整したい人
  • 銘柄に合わせた炊き分けをしたい人
  • 手入れが簡単な炊飯器が欲しい人
【象印】炎舞炊き NW-PU10のレビュー

象印 NW-PU10を購入して、約1ヶ月が経ちました。以前使用していた炊飯器は5万円ほどのものでしたが、NW-PU10に買い替えてから、ご飯の美味しさに感動しています。

まず、白米がとにかく美味しく炊けます。以前の炊飯器では、芯まで炊きムラがあったり、パサパサしたりすることがありましたが、NW-PU10では毎回ふっくらつやつやに炊き上がります。特に、白米モードで炊いたご飯は、粒立ちがしっかりしていて、噛むほどに甘みを感じます。

玄米も美味しく炊けます。以前は玄米を炊くのに時間がかかり、水加減も難しかったのですが、NW-PU10では玄米モードを使えば、簡単に美味しく炊けます。玄米は白米よりも栄養価が高く、健康にも良いので、NW-PU10を購入してからは玄米を食べる頻度が増えました。

また、NW-PU10は内釜が洗えるので、清潔に保ちやすいです。以前の炊飯器は内釜が洗えなかったので、お手入れが大変でしたが、NW-PU10は内釜を食洗機で洗えるので、お手入れが楽になりました。

さらに、NW-PU10はデザインもスタイリッシュで、キッチンに置いておくだけでおしゃれです。以前の炊飯器はデザインが古臭かったので、キッチンに置いておくのが恥ずかしかったのですが、NW-PU10はデザインも気に入っているので、キッチンに置くのが楽しみです。

NW-PU10は、価格が少し高いですが、それだけの価値は十分にあると思います。ご飯を美味しく炊きたい方、玄米を簡単に炊きたい方、お手入れが楽な炊飯器を探している方におすすめです。

\ 自宅で極上のご飯を /

【象印】炎舞炊き NW-FB10

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-FB10
  • 炊飯容量:5.5合
  • 内釜:鉄器コート(蓄熱性と遠赤外線効果でおいしく炊く)
  • 内釜厚さ:1.7mm
  • 加熱方式:圧力IH
  • 圧力:最大10.7気圧
  • 加熱方式:IH(100V、50/60Hz)
  • 消費電力:1000W(炊飯時)、18W(保温時)
  • 本体サイズ:幅27.8cm×奥行37.0cm×高さ23.2cm
  • 本体重量:約5.5kg
  • 炎舞炊き:底面につけた6つのIHヒーターが対面加熱で激しく対流させ、お米を舞い上げ、縦横無尽にかき混ぜる「3Dローテーション」を実現。一粒一粒までふっくらと甘みが際立つ、かまどで炊いたようなご飯を炊くことができます。
  • 炊き分けメニュー:白米、白米(しゃっきり)、白米(もちもち)、玄米、麦ごはん、雑穀米、おかゆ、おこげ、お粥、炊込み、煮込み、蒸し料理、保温など、15通りのメニューから選択できます。
  • お気に入り登録:よく使うメニューを登録しておけば、ワンタッチで炊飯できます。
  • 液晶2次元コード表示:液晶画面に表示された2次元コードをスマホで読み取ると、使用方法やレシピなどの情報が確認できます。

こんな人におすすめ

  • 毎日のご飯を美味しく炊きたい方
  • 白米の炊き分けにこだわりたい方
  • 雑穀米や玄米など、色々なメニューを炊きたい方
  • コンパクトな炊飯器を探している方
【象印】炎舞炊き NW-FB10のレビュー

購入の決め手

長年愛用していた炊飯器が古くなったのを機に、最新モデルで評判の良い「象印 NW-FB10」を購入しました。決め手となったのは、象印独自の「炎舞炊き」技術によるふっくらと甘みのある炊き上がりと、白米だけでなく玄米や雑穀米も美味しく炊けるという点でした。

実際に使ってみて

初めて白米を炊いたとき、その美味しさに感動しました。一粒一粒がふっくらと立ち上がり、噛むほどに甘みと旨味が口いっぱいに広がります。今まで食べていたご飯とは全く違う、まさに極上の炊き上がりでした。

玄米や雑穀米も、白米に負けない美味しさです。特に玄米は、以前の炊飯器では硬くてパサパサだったのが、「NW-FB10」ではふっくらとモチモチに炊き上がり、玄米特有の香ばしさも存分に楽しめます。

便利な機能

「NW-FB10」には、白米だけでなく様々なメニューに対応した炊飯コースが搭載されています。白米だけでも「ふつう」「しゃっきり」「もちもち」から選べ、玄米や雑穀米、炊き込みご飯など、幅広いメニューを美味しく炊けます。

また、予約炊飯や保温機能も充実しており、忙しい朝や帰宅後でも温かいご飯をすぐに食べられるのは大変便利です。

お手入れ

内釜や蒸気口など、お手入れが必要なパーツは取り外しが簡単で、洗うのも楽々です。内釜は「黒まる厚釜」という、お手入れがしやすいコーティングが施されており、ご飯がこびりつくこともありません。

総評

「象印 NW-FB10」は、白米はもちろん、玄米や雑穀米も美味しく炊ける、まさに万能な炊飯器です。毎日の食卓を彩る、極上の炊き上がりをぜひ体験してみてください。

おすすめポイント

  • 象印独自の「炎舞炊き」技術による、ふっくらと甘みのある炊き上がり
  • 白米だけでなく、玄米や雑穀米も美味しく炊ける
  • 豊富な炊飯コースと便利な予約炊飯・保温機能
  • 取り外しが簡単で洗いやすいパーツ

気になる点

  • 価格がやや高め
  • 内釜が重いため、扱いには注意が必要

総合評価

機能性、炊き上がり、お手入れのしやすさ、全てにおいて満足度の高い炊飯器です。価格に見合う価値のある商品だと感じました。

\ 舞い立つ旨味、毎日に /

10合炊き

10合炊きのお米マイスターおすすめ炊飯器は以下の3つです。

スクロールできます
【象印】炎舞炊き NW-FB18
【象印】
炎舞炊き NW-FB18
【象印】炎舞炊き NW-PU18
【象印】
炎舞炊き NW-PU18
【象印】炎舞炊き NW-FA18
【象印】
炎舞炊き NW-FA18
炊飯容量1升1升1升
炊飯方式圧力IH圧力IH圧力IH
お米マイスターおすすめ炊飯器(10合炊き)の比較表

【象印】炎舞炊き NW-FB18

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-FB18
  • 炊飯容量:1升、5.5合
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 内釜:ダイヤモンド竈釜
  • 内蓋:セラミックコート内蓋
  • 保温機能:保温、リゾット保温、パン保温
  • メニュー:白米、白米炊き分け(しゃっきり、標準、やわらか)、おかゆ、雑穀米、炊込み、玄米、おこげ、スープ、煮込み、蒸し料理、ケーキ、パン、お粥、発酵、おひたし、炊き込み雑穀米、炊込み玄米、お粥(お米なし)、蒸し料理(お米なし)、スープ(お米なし)、発酵(お米なし)
  • その他機能:お手入れモード、予約タイマー、早炊き、保温切り忘れお知らせ
  • 本体サイズ:幅27.5×奥行30.5×高さ22.0cm
  • 本体重量:5.7kg
  • 消費電力:1350W(炊飯時)、80W(保温時)
  • 定格電圧:AC100V(50/60Hz)
  • 炎舞炊き:内釜の底から立ち上がる炎をイメージした可変IH加熱により、お米を一粒一粒ふっくらと炊き上げます。
  • ダイヤモンド竈釜:ダイヤモンド粒子を配合した内釜で、お米の旨味を逃さずおいしく炊き上げます。
  • セラミックコート内蓋:内蓋の内側にセラミックコートを施し、焦げ付きを抑えてお手入れを簡単にします。
  • 15通りの炊飯メニュー:料理やその日の気分に合わせて、お米の食感や味わいを自由に選べます。
  • 早炊き機能:約25分で白米が炊き上がります。
  • 保温切り忘れお知らせ:保温を6時間以上継続すると、お知らせ音でお知らせします。

こんな人におすすめ

  • 毎日、ふっくらと美味しいご飯を炊きたい人
  • 白米の甘みを存分に味わいたい人
  • 操作が簡単な炊飯器が欲しい人
  • お手入れが簡単な炊飯器が欲しい人
【象印】炎舞炊き NW-FB18のレビュー

象印 NW-FB18「炎舞炊き」を導入してから、毎日の食卓が劇的にアップグレードしました。まるで高級レストランで出てくるような、ふっくらつやつやの白米を自宅で味わえるなんて夢のようです。

「炎舞炊き」の最大の魅力は、その圧倒的な火力です。IHと圧力技術を組み合わせることで、お米一粒一粒に芯まで熱を伝えて、ふっくらと炊き上げてくれます。白米本来の甘みと旨味が最大限に引き出され、思わず笑みがこぼれる美味しさです。

白米だけでなく、玄米や雑穀米も完璧に炊けます。玄米は、まるで宝石のように光り輝く粒立ちと、もちもちとした食感を楽しめます。雑穀米は、それぞれの素材の風味が活かされ、栄養満点の一杯に仕上がります。

さらに、NW-FB18には多彩なメニューが搭載されています。白米だけでも「標準」「早炊き」「かため」「やわらかめ」など、好みに合わせて炊き分けることができます。炊き込みご飯やおかゆ、パンケーキまで作れるので、料理の幅も広がります。

使い勝手も抜群です。内釜はフッ素加工が施されているので、お手入れも簡単です。また、音声ガイド付きなので、操作に迷うこともありません。

NW-FB18は、炊飯器の概念を覆す革新的な製品です。白米を愛する全ての人におすすめしたい、まさに至福の炊飯器です。

\ 炎が奏でる、ごはんの喜び /

【象印】炎舞炊き NW-PU18

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-PU18
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 炊飯容量:1升
  • 内釜素材:鉄(アルミコート)
  • 内釜厚さ:約3.0mm
  • 保温機能:可変保温
  • 付属品:しゃもじ、計量カップ
  • 炎舞炊き:内釜底部にIHヒーターを配置し、炎をイメージした激しい対流を起こすことで、お米の芯までムラなく加熱する炊飯方式。
  • わが家炊き:前回炊いたごはんの好みを入力することで、好みの食感に炊き上げる機能。
  • 麦ごはん:麦の旨味を引き出すために、麦を蒸してから炊飯する機能。
  • おかゆ:お米をじっくりと時間をかけて炊き上げる機能。
  • 炊飯時間:約25分(白米5.5合炊き)

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

  • 毎日のご飯を美味しく炊きたい人
  • 白米だけでなく、玄米や雑穀米も炊きたい人
  • 自分の好みに合わせて炊き方を調整したい人
  • 手入れが簡単な炊飯器が欲しい人
【象印】炎舞炊き NW-PU18のレビュー

象印 NW-PU18「炎舞炊き」を実際に使用して1ヶ月が経ちました。1人暮らしで毎日炊飯する私には、使いやすく美味しく炊けるこの炊飯器はなくてはならない存在になりました。

まず、一番の魅力はやはり「炎舞炊き」による炊き上がりの美味しさです。白米はもちろん、玄米や雑穀米もふっくらと炊き上がり、お米一粒一粒の甘みと旨味をしっかりと感じることができます。とくに白米は、ツヤツヤでふっくらとした食感で、今まで食べていたご飯とは比べ物にならないほど美味しく感じました。

また、炊飯コースが豊富なのも嬉しいポイントです。白米、玄米、雑穀米以外にも、白米快速、炊き込みご飯、おこわ、おかゆなど、様々なメニューを簡単に炊くことができます。特に、白米快速コースは忙しい朝に重宝しており、たった20分でふっくらとした白米が炊き上がります。

さらに、お手入れも簡単です。内釜としゃもじは食洗機で洗うことができ、その他の部品も簡単に取り外して洗うことができます。忙しい方でも、毎日清潔に使い続けられます。

デザインもシンプルでスタイリッシュなので、どんなキッチンにもマッチします。我が家では、炊飯器を出しっぱなしにして使っていますが、インテリアの邪魔にならず、むしろキッチンをワンランクアップさせてくれているように感じます。

もちろん、いくつか気になる点もあります。例えば、他の炊飯器と比べると少し値段が高い点や、保温機能が長時間続くとご飯が乾燥してしまう点などが挙げられます。

しかし、総合的に見て、象印 NW-PU18「炎舞炊き」は、毎日美味しいご飯を食べたい方におすすめの炊飯器だと断言できます。炊き上がりの美味しさ、使いやすさ、お手入れのしやすさ、デザイン性など、全てにおいて満足度の高い製品です。

もし、あなたも美味しいご飯を毎日食べたい、そして使いやすくお手入れも簡単な炊飯器を探しているなら、ぜひ象印 NW-PU18「炎舞炊き」を検討してみてはいかがでしょうか?

\ 炊きあがるたびに 新鮮な感動 /

【象印】炎舞炊き NW-FA18

商品の特徴
【象印】炎舞炊き NW-FA18
  • 炊飯方式:圧力IH
  • 内釜:鉄(くろがね仕込み) 豪炎かまど釜
  • サイズ:幅27.4×奥行36.0×高さ23.8cm
  • 重量:4.5kg
  • 定格消費電力:1400W
  • 炊飯容量:1升
  • 炊飯方式に「炎舞炊き」を採用。内釜の底に設置された「炎舞炊きIHヒータ」が、釜内を高速で対流させ、お米の芯まで熱を均一に伝えることで、ふっくらとおいしいご飯を炊き上げます。
  • 内釜には、蓄熱性の高い鉄(くろがね仕込み)を使用。お米の旨味をしっかりと引き出し、冷めてもおいしく食べられます。
  • 炊飯メニューは、白米、早炊き、おかゆ、雑穀米など、121通りから選択できます。
  • 保温機能には、40時間おいしく保温できる「極め保温」を搭載。

こんな人におすすめ

  • 毎日おいしいご飯を炊きたい人
  • 白米だけでなく、玄米や雑穀米も炊きたい人
  • 自分の好みに合わせて炊き上がりを調整したい人
  • 保温機能が充実している炊飯器が欲しい人
【象印】炎舞炊き NW-FA18のレビュー

象印の圧力IH炊飯器「炎舞炊き NW-FA18」を実際に購入して1ヶ月ほど使用しました。

まず、この炊飯器を選んだ理由は、3DローテーションIH構造による「炎舞炊き」という技術に惹かれたからです。内釜全体をムラなく加熱することで、ふっくらと弾力のあるご飯が炊けるとのこと。実際に炊いてみると、確かに白米がふっくらと炊き上がり、一粒一粒がしっかりとしていました。以前使っていた炊飯器とは明らかに違い、ご飯の甘みも引き出されているように感じます。

また、この炊飯器は「わが家炊き」機能も搭載されています。これは、お好みの炊き上がりをアンケートに答えることで、炊飯プログラムを調整してくれる機能です。最初は標準モードで炊いていましたが、わが家炊き機能を使って、より自分好みの硬さや粘りに調整したところ、さらに美味しくご飯を炊けるようになりました。

その他にも、白米だけでなく玄米や雑穀米、おこわなど様々なメニューが炊けるのも魅力です。特に、玄米モードで炊いた玄米は、もちもちとした食感で白米に負けない美味しさでした。

使い勝手も良く、操作パネルはタッチパネル式で分かりやすいです。お手入れも簡単で、内釜と内ぶたは取り外して洗えるので清潔に保てます。

あえてデメリットを挙げるとすれば、価格が少し高めであることと、本体が少し大きいことです。しかし、美味しいご飯を毎日食べられることを考えると、十分に納得できる価格だと思います。

総合的に見て、象印の圧力IH炊飯器「炎舞炊き NW-FA18」は、美味しいご飯を毎日炊きたい方におすすめの一品です。白米はもちろん、玄米や雑穀米なども美味しく炊けるので、健康志向の方にもおすすめです。

\ 炎の鼓動、極上の一粒 /

お米マイスターおすすめの炊飯器についてよくある質問

お米マイスターおすすめの炊飯器についてよくある質問

お米マイスターおすすめの炊飯器について、よくある質問をまとめました。

マツコの知らない世界で紹介された炊飯器はなんですか?

2023年8月23日に放送されたマツコの知らない世界「炊飯器」では、炊飯器の進化や、お米の専門家がおすすめする炊飯器について紹介されました。以下の3つがおすすめとして紹介されていました。

アメトーーク家電芸人おすすめの炊飯器はどれですか?

電芸人がおすすめする炊飯器は、以下のようなモデルが挙げられます。

炊飯器の3合と5合は二人暮らしならどっちが良いですか?

普段の食べる量によります。3合炊きと5号炊きのメリットとデメリットは以下の通りです。

3合炊きのメリット
3合炊きのデメリット
  • コンパクトで場所を取らない
  • 価格が安い
  • 炊飯時間が短い
  • ゲストが来たときに炊き増しができない
  • 炊き込みご飯などをよく作る場合は余裕がない
5合炊きのメリット
5合炊きのデメリット
  • 余裕を持って炊くことができる
  • ゲストが来たときに炊き増しができる
  • 炊き込みご飯などをよく作る場合に便利
  • サイズが大きく場所を取る
  • 価格が高い
  • 炊飯時間が長い

炊飯器の種類にはどのようなものがありますか?

炊飯器の種類は、加熱方式によって大きく分けると、以下の3つがあります。

  • IH式炊飯器:IH加熱方式を採用した炊飯器です。IHとは、誘導加熱の略で、お米の表面から直接加熱するため、ムラのないおいしいご飯が炊けます。
  • マイコン式炊飯器:マイコンを搭載した炊飯器です。マイコンで炊飯時間を制御するため、手軽においしいご飯が炊けます。
  • 圧力式炊飯器:圧力加熱方式を採用した炊飯器です。圧力をかけて加熱するため、短時間でふっくらとしたご飯が炊けます。

炊飯器は何合が美味しいですか?

炊飯器は何合で炊くのが美味しいかについては、炊飯器の種類や炊飯量の割合によっても変わってきますが、一般的には「2~4合」が美味しいと言われています。

その理由は、以下のとおりです。

  • 2~4合は、炊飯器の中心部から端まで熱が均一に行き渡りやすく、炊きムラが少なく美味しく炊ける。
  • 2~4合は、炊飯器の内部に十分な空間があり、お米が対流しやすくなる。
  • 2~4合は、炊飯器の電源を切った後も、余熱でさらに味が染み込む。

もちろん、好みや家族構成によっても、最適な炊飯量は変わってきます。

例えば、一人暮らしの場合は、3合炊きがおすすめです。3合炊きであれば、余ったご飯は冷凍保存しておくことができます。

また、家族で食べる場合は、5合炊きがおすすめです。5合炊きであれば、一度にたくさん炊くことができ、作り置きやお弁当作りにも便利です。

【まとめ】お米マイスターおすすめの炊飯器30選について

【まとめ】お米マイスターおすすめの炊飯器30選について

炊飯器選びで悩む人は、「お米マイスターおすすめの炊飯器30選」の中から選べば、買ってから後悔することはありません

あきら

ちなみに、炊くだけで糖質が平均28%カットになる魔法のような炊飯器があります!詳細は以下のボタンからご覧ください。

\ ご飯の糖質が気になる人に選ばれています /

【今だけ】14,800円⇒7,980円(46%OFF

もう一度27機種を確認したい人は、以下をタップしてみてね!

\ 私のおすすめNo.1 /

タップできる目次