\ 本日限定!特選タイムセール開催中 /

ノンフライヤーで冷凍食品!コツ7選と調理時間を徹底解説

ノンフライヤー 冷凍食品 コツ 時間

\ ありがとう・元気でいてね!をさりげなく/

【期間限定】5/31(金)09:59まで

ノンフライヤーで冷凍食品を調理すると失敗した」
「冷凍食品を調理するときのコツってあるのかな?」
「冷凍食品ごとの調理目安時間が知りたい」

ノンフライヤーで冷凍食品を調理しようとして、焦げたりパサパサになったなど、失敗したという話はよく耳にします。

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するとき、ちょっとしたコツ食品ごとの調理目安時間を把握しておくだけで、料理はかなり美味しくなります。

結論を先に申し上げると、ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときのコツは以下の7つです。

あきら

食材ごとの調理目安時間については、以下の項目をタップしてご覧ください。

本記事では家電量販店マネージャーの私が、「ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときのコツ7選と調理時間」について解説しています。

この記事を読めば、これからノンフライヤーでの調理が楽しくなりますので、ぜひ最後までご覧ください。

ちなみに一番おすすめの商品はテレビ番組「王様のブランチ」で紹介された以下の機種。唯一スチーム機能がついているのがポイントです。

\ 他にないスチーム機能付きで旨味を閉じ込める /

\本日限定!特選タイムセール開催中/
Amazon
\「父の日特集」開催中/
楽天市場
\LYPプレミアム会員が3ヶ月無料でお得/
Yahooショッピング
タップできる目次

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときのコツ7選

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときのコツ7選

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときのコツは以下の7つです。

全部しっかり守れば失敗する確率を減らせますので、必ず事前にチェックしましょう。

予熱をしておく

予熱をしておく

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するとき、「予熱をしておくこと」は美味しく仕上げるための重要なポイントです。

1. 食材のムラを防ぐ

ノンフライヤーは庫内全体を高温の熱風で循環させて調理します。

予熱しておくことで、庫内の温度が均一になり、食材全体に熱が通りやすくなります。とくに冷凍食品内部と表面の温度差が大きいため、予熱することでムラなく加熱できます。

2. 調理時間を短縮

予熱しておくことで、食材を投入してから加熱が始まるまでの時間を短縮できます。冷凍食品の場合、解凍に時間がかかるため、予熱することで調理時間を大幅に短縮できます。

3. カリッと仕上げる

予熱することで、食材表面を素早く加熱し、カリッとした食感に仕上げられます。とくにフライや唐揚げなどの衣類は、予熱することでよりサクサクに仕上がります。

4. 油の飛び散りを抑える

予熱しておくことで、食材から水分が飛び出すのを抑え、油の飛び散りを抑制できます。これにより庫内汚れを防ぎ、掃除を簡単にできます。

予熱時間の目安

予熱時間はノンフライヤーの機種や庫内容積によって異なりますが、一般的には5~10分程度です。取扱説明書を確認して、適切な予熱時間を設定しましょう。

食材は均一に置く

食材は均一に置く

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するとき、「食材を均一に置く」ことは、美味しく仕上げるための重要なコツの一つです。

1. 熱風循環を妨げない

ノンフライヤーは、庫内下部から熱風を循環させて食材を加熱します。

食材が重なり合ったり、偏って置いたりすると、熱風が食材に均一に行き渡らずムラが生じてしまいます。均一に置くことで熱風が食材全体に効率的に当たり、外はカリッと中はふっくらと仕上げられます。

2. 調理時間を短縮

食材が重なり合っていると厚い部分と薄い部分で加熱ムラが生じ、厚い部分が焦げたり薄い部分が温まらないことがあります。

食材を均一に置くことで厚さに関係なく均一に火が通り、調理時間を短縮できます。

油スプレーを使う

油スプレーを使う

ノンフライヤーは油を使わずに揚げ物調理ができる便利な家電ですが、冷凍食品を調理するときは「油スプレーを使うこと」は、より美味しく仕上げる重要なコツの一つです。

1.表面がカリッと仕上がる

油スプレーをかけることで、食材表面に油の膜が形成されます。この膜が熱風によってパリパリに焼き上がり、揚げ物のような食感を実現します。

2.ジューシーに仕上がる

油スプレーは食材内部に浸透しパサつきを抑え、ジューシーな仕上がりになります。

3.焦げ付き防止

油スプレーは食材表面に油をコーティングするため、焦げ付きにくくなります。

事前に半解凍しておく

事前に半解凍しておく

ノンフライヤーで冷凍食品を調理する場合、美味しく仕上げるために「事前に半解凍しておく」ことは重要なコツの一つです。

ムラなく火が通りやすい

凍ったまま調理すると、外側が焦げたり内側が冷たかったりすることがあります。半解凍しておくことで、全体に均等に熱が通り、美味しく仕上がります。

調理時間を短縮できる

冷凍食品が完全に解凍されていなくても、半解凍しておけば調理時間が短縮できます。忙しい時にも手軽に調理できるメリットがあります。

衣がサクサクになる

冷凍食品によっては衣が湿ってしまい、サクサク感が損なわれることがあります。半解凍しておくことで、衣が乾燥し、サクサクとした食感に仕上がります。

半解凍時間の目安

  • 薄手の食品:5~10分
  • 厚みのある食品:15~20分

半解凍の方法

  • 自然解凍:時間に余裕がある場合は、自然解凍がおすすめです。
  • 電子レンジ:時間がない場合は、電子レンジで軽く温めることで半解凍できます。
  • 流水解凍:衛生的に解凍したい場合は、流水解凍がおすすめです。

食品の規定量を守る

食品の規定量を守る

ノンフライヤーで冷凍食品を調理する際、美味しく仕上げるために重要なコツの一つは、「食品の規定量を守る」ことです。理由は以下の通りです。

1. 熱風の循環を妨げない

ノンフライヤーは、庫内に熱風を循環させて食材を加熱します。

規定量を超えると、食材が重なり合い、熱風がうまく循環できなくなります。熱風が行き渡らない部分が生じ、ムラのある仕上がりや、加熱不足の原因となります。

2. 食材に均一に熱を伝える

規定量を守れば食材に均一に熱が伝わり、全体に火が通りやすくなります。

加熱ムラを防ぎ、外はカリッと、中はジューシーな仕上がりになります。

3. 調理時間を短縮

規定量を超えると加熱時間が長くなり、電気代も高くなります。

規定量を守れば調理時間を短縮でき、電気代の節約にもつながります。

4. ノンフライヤーの故障を防ぐ

規定量を超えるとノンフライヤーに負荷がかかり、故障の原因となる可能性があります。

故障を防ぎ長く安全に使用するためにも、規定量を守るようにしましょう。

途中でひっくり返す

ノンフライヤーで冷凍食品を調理する際、「途中でひっくり返す」ことは、美味しく均一に仕上げるために非常に重要なコツの一つです。

熱ムラを防ぐ

ノンフライヤーは庫内全体が均一に加熱されるわけではないため、ひっくり返すことで食材全体に熱が通りやすく、ムラなく調理できます。

余分な油を落とす

冷凍食品は油分が多いものが多いです。ひっくり返すことで調理中に余分な油が下に落ちヘルシーに仕上がります。

食感を良くする

食材をひっくり返すことで両面に焼き色が付き香ばしく仕上がります。また衣がサクサクになり、食感が向上します。

加熱しすぎない

加熱しすぎない

ノンフライヤーで冷凍食品を調理する際、「加熱しすぎないこと」は美味しく仕上げるための重要なコツです。

水分蒸発

冷凍食品は加熱しすぎると、水分が蒸発してパサパサになってしまうことがあります。とくに餃子やシュウマイなどの肉類は水分量が多いため、注意が必要です。

衣の焦げ

ノンフライヤーは高温で調理するため、衣が焦げやすいです。焦げると苦味が出てしまい、せっかくの美味しさが損なわれてしまいます。

栄養素の損失

加熱しすぎると、ビタミンCなどの栄養素が壊れてしまうことがあります。

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときの温度と時間(揚げ物)

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときの温度と時間(揚げ物)

冷凍食品の「揚げ物」について、温度と調理時間の目安を解説します。

冷凍ポテト:180℃で10〜15分

冷凍ポテト:180℃で10〜15分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:10〜15分

注意点

  • 冷凍ポテトは重ならないようになるべく重ならないように並べてください。
  • 途中でバスケットを揺すって、全体に熱が均等に回るようにします。
  • 加熱しすぎると焦げてしまうので、様子を見ながら調理を中止してください。
  • 調理後はすぐに取り出し、熱いうちに塩を振るとよく味が染み込みます。

その他

  • よりカリッと仕上げたい場合は、油を少量スプレーしてから調理すると良いです。
  • 塩以外にも、カレー粉やハーブなどお好みの調味料で味付けを楽しめます。
  • マクドナルドのポテトのような味わいに近づけたい場合は、片栗粉をまぶしてから調理すると良い感じに仕上がります。

冷凍唐揚げ:180℃で5〜10分

冷凍唐揚げ:180℃で5〜10分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:5〜10分

注意点

  • ノンフライヤーの機種や冷凍唐揚げの大きさによって、温度や時間は調整が必要です。
  • 一度にたくさん入れるとムラができるので、少量ずつ調理しましょう。
  • 途中で様子を見ながら焦げそうなら温度を下げたり、時間を短くしたりしましょう。
  • 取り出した後は、油をよく切ってから皿に移しましょう。

その他

  • より美味しく仕上げるために、調理前に冷凍唐揚げを室温に戻しておくと良いでしょう。
  • クッキングシートを敷くと、後片付けが楽になります。
  • 塩コショウやレモン汁などをかけて、味を調整するのもおすすめです。

冷凍エビフライ:180℃で10〜15分

冷凍エビフライ:180℃で10〜15分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:10〜15分

注意点

  • 必ず予熱してから調理を開始してください。
  • エビフライが重ならないようにバスケットに並べてください。
  • 霧吹きで少量の油を吹き付けると、よりサクサクに仕上がります。
  • 途中で裏返すと全体に火が通りやすくなります。
  • 加熱しすぎると、衣が焦げたりエビが硬くなったりしてしまうので注意してください。

その他

  • 冷凍エビフライによっては、調理前に解凍しておく必要がある場合があります。
  • マヨネーズやタルタルソースなど、お好みのソースをかけて召し上がってください。

冷凍コロッケ:180℃で10〜15分

冷凍コロッケ:180℃で10〜15分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:10〜15分

注意点

  • コロッケの種類や大きさ、ノンフライヤーの種類によって最適な温度と時間は異なるため、様子を見ながら調整してください。
  • 冷凍コロッケは常温で解凍せずに凍ったまま調理してください。
  • コロッケが重なり合わないようにノンフライヤーのバスケットに並べてください。
  • 調理中に油が飛び散ることがあるため、下にアルミホイルなどを敷いておくと後片付けが楽になります。
  • 途中でひっくり返すとより均一に火が通り、サクサクに仕上がります。
  • 加熱後すぐに食べずにしばらく置いて余熱で火を通すと、より美味しく仕上がります。

その他

  • よりサクサクに仕上げたい場合は、パン粉をまぶしてから調理すると効果的です。
  • 味付けを変えたい場合は、カレー粉やマヨネーズなどをかけても美味しく食べられます。

冷凍カキフライ:180℃で5〜10分

冷凍カキフライ:180℃で5〜10分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:5~10分

注意点

  • 冷凍カキフライは常温解凍せずに凍ったまま調理がおすすめ。
  • カキフライが重なり合わないように、ノンフライヤーのバスケットに並べます。
  • 調理時間は機種やカキフライの大きさによって調整してください。
  • 途中で裏返すと、より均等に火が通り、衣がカリッと仕上がります。
  • カキフライが焦げそうになったら、温度を下げるか、アルミホイルで覆ってください。

その他

  • より美味しく仕上げるために、カキフライに油スプレーをかけると、衣がカリッと仕上がります。
  • レモンやタルタルソースなどを添えると、さらに美味しく食べられます。

冷凍春巻き:180℃で10〜15分

冷凍春巻き:180℃で10〜15分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:10〜15分

注意点

  • ノンフライヤーの機種によって温度や時間は調整が必要になる場合があります。様子を見ながら、必要に応じて調整してください。
  • 冷凍春巻きは室温に解凍せずにそのまま調理できます。
  • 春巻きが重なり合わないように、ノンフライヤーのバスケットに並べてください。
  • 途中でひっくり返し、全体がきつね色になるまで加熱します。
  • 加熱しすぎると春巻きが焦げてしまうので注意してください。
  • 油をスプレーすると、よりパリッと仕上がります。

その他

  • 春巻きによっては、調理前に霧吹きで水をかけると、よりパリッと仕上がります。
  • ソースやマヨネーズなど、お好みの調味料をつけてお召し上がりください。

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときの温度と時間(肉類)

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときの温度と時間(肉類)

冷凍食品の「肉類」について、温度と調理時間の目安を解説します。

冷凍ハンバーグ:180℃で15〜20分

冷凍ハンバーグ:180℃で15〜20分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:15~20分

注意点

  • 冷凍ハンバーグは、常温に戻さずにそのまま調理できます。
  • ハンバーグが重なり合わないように、調理網に並べてください。 *途中で裏返し、全体に火が通るようにします。
  • 竹串を刺してみて、透明な肉汁が出れば中まで火が通っています。
  • 火が通っていない場合は、加熱時間を延長してください。
  • 加熱後、すぐに取り出さずに、庫内で数分置いて余熱で火を通すと、より美味しく仕上がります。
  • 油は使用しませんが、焦げ付き防止のために、クッキングシートを敷くとよいでしょう。
  • 調理後は、庫内や調理網の汚れを拭き取ってください。

その他

  • よりジューシーに仕上げたい場合は、パン粉や卵、牛乳などを加えてハンバーグのタネを作るとよいでしょう。
  • ソースは、市販のものを使うだけでなく、ケチャップやウスターソースなどを混ぜてオリジナルの味を作ってみるのもおすすめです。
  • チーズや目玉焼きなどをトッピングすると、さらに美味しくなります。

冷凍鶏肉:180℃で15~20分

冷凍鶏肉:180℃で15~20分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:15~20分

注意点

  • 鶏肉は火の通りにくい食材なので、必ず中まで火が通っていることを確認してから食べてください。
  • 竹串などを刺してみて、透明な汁が出てこなければ火が通っている証拠です。
  • 油を使わない調理方法なので、焦げ付きやすい場合があります。
  • 焦げ付きそうになったら、温度を下げるか、アルミホイルで覆ってください。
  • 鶏肉から出る油は、調理後に受け皿に溜まっているので、捨てずにキッチンペーパーなどで拭き取ってください。

その他

  • 鶏肉に下味をつけると、より美味しく仕上がります。
  • 塩胡椒やハーブ、スパイスなどを揉み込んでから調理してみてください。
  • 衣をつけて揚げ物風に調理することもできます。
  • ノンフライヤーの機種によっては、専用のレシピ本が付属している場合があります。
  • レシピ本を参考に調理すると、より簡単に美味しく仕上がります。

冷凍とんかつ:180℃で15~20分

冷凍とんかつ:180℃で15~20分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:15~20分

注意点

  • 冷凍とんかつは、室温で10~15分ほど解凍してから調理すると、より美味しく仕上がります。
  • ノンフライヤーの機種によって、温度や時間が異なる場合があります。取扱説明書を確認してから調理してください。
  • 調理中にとんかつが焦げそうになったら、温度を下げたり、アルミホイルで包んだりしてください。
  • とんかつが温まったら、油を少量かけてからさらに1~2分加熱すると、よりサクサクに仕上がります。

その他

  • パン粉が剥がれやすい場合は、霧吹きで水を軽くかけてから調理すると良いでしょう。
  • とんかつに厚みがある場合は、途中で裏返すとムラなく火が通りやすくなります。

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときの温度と時間(魚介類)

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときの温度と時間(魚介類)

冷凍食品の「魚介類」について、温度と調理時間の目安を解説します。

冷凍白身魚フライ:180℃で10〜15分

冷凍白身魚フライ:180℃で10〜15分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:15~20分

注意点

  • ノンフライヤーの種類や大きさによって、温度や時間は多少変わります。様子を見ながら調整してください。
  • 冷凍白身魚フライを重なり合わないようにバスケットに入れましょう。
  • 途中で裏返して、全体に熱が通りやすくしましょう。
  • 火の通りが心配な場合は、竹串を刺してみて透明な汁が出ればOKです。
  • 衣が焦げそうになったら、温度を下げるか、アルミホイルを被せてください。

その他

  • よりサクサクに仕上げたい場合は、調理前に油スプレーを薄くかけると効果的です。
  • 味付けは、塩コショウやレモン、タルタルソースなどお好みでどうぞ。

冷凍鮭:180℃で10〜15分

冷凍鮭:180℃で10〜15分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:10~15分

注意点

  • 鮭は解凍せずに調理できます。
  • 鮭の厚さによって、調理時間は調整してください。
  • 途中で様子を見ながら、焦げそうになったら温度を下げたり、時間を短縮したりしてください。
  • 鮭から油が出るので、下にアルミホイルなどを敷くと後片付けが楽になります。
  • 調理後は、すぐに取り出して余熱で火を通してください。

その他

  • よりふっくらと仕上げたい場合は、クッキングシートを敷いてから鮭を乗せてください。
  • 味付けは、塩胡椒や醤油、酒などお好みでかけてください。
  • 野菜と一緒に調理すれば、一皿で栄養バランスの良い食事になります。

冷凍エビ:180℃で5〜10分

冷凍エビ:180℃で5〜10分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:5~10分

注意点

  • エビの状態(殻付き、むきエビ、大きさ)やノンフライヤーの機種によって、温度と時間は調整が必要です。
  • 加熱しすぎると、エビが硬くなったり、焦げたりするので、様子を見ながら調理しましょう。
  • 一度にたくさんのエビを調理すると、ムラが生じるので、少量ずつ調理することをおすすめします。
  • 調理前に、エビから余分な水分をキッチンペーパーなどで拭き取ると、より美味しく仕上がります。
  • 調理後すぐに食べない場合は、冷めてから保存容器に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときの温度と時間(その他)

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときの温度と時間(その他)

冷凍食品の「その他」について、温度と調理時間の目安を解説します。

冷凍ピザ:200℃で5〜10分

冷凍ピザ:200℃で5〜10分
  • 調理温度:200℃
  • 調理時間:5~10分

注意点

  • ピザの大きさや厚さ、ノンフライヤーの機種によって温度と時間は調整が必要です。様子を見ながら加熱してください。
  • 庫内が狭い場合は、ピザを半分に折りたたんで加熱する必要がある場合があります。
  • チーズが焦げそうになったら、アルミホイルで覆ってください。
  • 加熱後、ピザを取り出すときは、熱くなっているのでやけどに注意してください。

その他

  • よりカリカリに仕上げたい場合は、予熱温度を220℃に上げ、加熱時間を短くしてください。
  • チーズがとろーっと溶けたい場合は、予熱温度を180℃に下げ、加熱時間を長くしてください。
  • オリーブオイルを少量かけることで、より香ばしく仕上がります。

冷凍餃子: 180℃で10〜15分

冷凍餃子:  180℃で10〜15分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:10~15分

注意点

  • 油を少量(大さじ1程度)入れると、よりパリッと仕上がります。
  • 焦げ付きやすいので、途中で様子を見ながら加熱時間を調整してください。
  • 一度にたくさん並べると、火が通りにくくなるので注意してください。
  • 生地の厚さや具材の種類によって、加熱時間は変わります。

その他

  • 焼き時間は様子を見ながら調整してください。
  • 焦げ付きそうになったら、温度を下げたり、加熱時間を短くしたりしてください。
  • 餃子がくっつきやすい場合は、クッキングシートを敷くと良いでしょう。
  • ポン酢やラー油など、お好みのタレで召し上がってください。

冷凍グラタン:180℃で10〜15分

冷凍グラタン:180℃で10〜15分
  • 調理温度:180℃
  • 調理時間:10~15分

注意点

  • 冷凍グラタンの種類や量によって、温度や時間を調整する必要があります。
  • 加熱しすぎると、焦げたり、具材が硬くなったりしてしまうので、様子を見ながら調整しましょう。
  • 途中で庫内を揺すって、熱ムラを防ぎましょう。
  • グラタン皿がバスケットに入らない場合は、アルミホイルを敷いて調理しましょう。
  • 油は不要です。

その他

  • 冷凍グラタンによっては、解凍してから調理する必要があるものもあります。
  • チーズが焦げやすい場合は、途中でアルミホイルを被せましょう。
  • 仕上げにパセリやブラックペッパーを振ると、より美味しくなります。

冷凍たこ焼き:200℃で5〜10分

冷凍たこ焼き:200℃で5〜10分
  • 調理温度:200℃
  • 調理時間:5~10分

注意点

  • ノンフライヤーは機種によって性能が異なるため、様子を見ながら調理時間を調整してください。
  • 冷凍たこ焼きの大きさによって、適切な調理時間が異なります。大きめの場合は、時間を追加してください。
  • 一度に大量に調理すると、火の通りが均一にならない場合があります。少量ずつ調理することをおすすめします。
  • 加熱しすぎると、焦げてしまうことがあります。様子を見ながら調理してください。
  • 油は使用しませんが、焦げ付き防止のために、バスケットにクッキングシートを敷いてください。
  • 取り出す際は、熱くなっているので、やけどに注意してください。

その他

  • ソースやマヨネーズはお好みでかけてください。
  • 青のりやかつおぶしなどのトッピングもおすすめです。
  • チーズをかけて、チーズたこ焼きにしても美味しくいただけます。

【体験談】ノンフライヤーで後悔?まずいの?私の本音レビュー

【体験談】ノンフライヤーで後悔?まずいの?私の本音レビュー

油を使わずに揚げ物ができるというノンフライヤーにずっと興味があり、ついに購入しました!実際に使ってみて、その便利さと美味しさに感動しました。

まず油を使わないのでヘルシーなのが魅力です。揚げ物が好きだけど、カロリーや油の処理が気になっていた私にはまさにぴったり。ノンフライヤーを使えば、罪悪感なく揚げ物を楽しめます。

使い方が簡単なのも嬉しいポイント。食材をバスケットに入れて温度と時間を設定するだけ。あとはスイッチを押せば勝手に調理してくれます。忙しいときでも簡単に揚げ物を作れるので、料理の幅が広がりました。

仕上がりは外はカリカリ、中はジューシーで、油で揚げたものと変わりません。むしろ油っぽさがなく、より美味しく感じます。唐揚げやフライドポテトはもちろん、焼き魚やパン焼きなど、様々な料理に活用できます。まずいなんて思ったことは一度もありません

お手入れは簡単。バスケットと庫内は食洗機で洗えるので洗い物が楽々。油で揚げ物をするよりも後片付けが断然楽になりました。

少し気になる点としては、庫内が小さいので一度にたくさんの食材を調理できないことと、予熱が必要なことです。しかし、それ以上にメリットが大きいので、全く問題ありません。

総合的に見て、ノンフライヤーは買って正解でした。油を使わずにヘルシーに揚げ物が楽しめるので、健康志向の方や揚げ物好きの方におすすめです。

以下、具体的な使用例です。

  • 唐揚げ:油で揚げるよりも衣がカリッと仕上がります。
  • フライドポテト:油っぽさがなく、ヘルシーに楽しめます。
  • 焼き魚:ふっくらと焼き上がり、骨まで綺麗に食べられます。
  • パン焼き:外はカリカリ、中はふわふわに焼き上がります。

その他、ノンフライヤーを使って作れる料理はたくさんあります。レシピ本やインターネットで色々と調べて、試してみるのも楽しいです。

あきら

ノンフライヤーは料理の幅を広げてくれる、まさに魔法の調理器具です。まだ持っていない方は、ぜひ購入を検討してみて下さい!

\ 他にないスチーム機能付きで旨味を閉じ込める /

\本日限定!特選タイムセール開催中/
Amazon
\「父の日特集」開催中/
楽天市場
\LYPプレミアム会員が3ヶ月無料でお得/
Yahooショッピング

冷凍食品を美味しく調理できるノンフライヤー3選

冷凍食品を美味しく調理できるノンフライヤー3選

ここでは冷凍食品を美味しく食べるためのおすすめノンフライヤーを3つ紹介します。

冷凍食品を美味しく調理できるノンフライヤー3選
スクロールできます
Epeios Chef AO502 ノンフライオーブン
Epeios Chef AO502
ノンフライオーブン
ノンフライヤー COSORI 4.7L CAF-L501-KJP
ノンフライヤー COSORI
4.7L
Wallfire ノンフライヤー 4.5L
Wallfire
ノンフライヤー 4.5L
サイズ幅355×奥行き351×高さ380mm幅274×奥行き365×高さ380mm幅255×奥行き315×高さ255mm
温度範囲50~220℃75~230℃40~230℃
カロリーカット約44%記載なし約25%
出力1350W1230W1400W
容量14L4.7L4.5L
メニュー16種類9種類8種類
便利機能スチーム機能
スマホ連携
なしなし
価格47,200円(税込)15,980円14,900円
ノンフライヤーの比較表

Epeios Chef AO502 ノンフライオーブン

Epeios Chef AO502 ノンフライオーブン
Epeios Chef AO502
ノンフライオーブン
サイズ幅355×奥行き351×高さ380mm
温度範囲50~220℃
カロリーカット約44%
出力1350W
容量14L
メニュー16種類
便利機能スチーム機能
スマホ連携
価格47,200円(税込)
ノンフライヤーの比較表
  • スチーム機能:過熱水蒸気で食材を包み込み、パサつきを抑え、しっとり柔らかく仕上げます。
  • 上下加熱:庫内の上下にヒーターを搭載し、食材をムラなく焼き上げます。
  • ノンフライ:油を使わずにヘルシーな揚げ物調理が可能。
  • その他の調理機能:トースト、オーブン、発酵、解凍、フードドライヤーなど、様々な調理機能を搭載しています。
  • 自動清浄機能:高温スチームで庫内を洗浄し、お手入れを簡単に行えます。
  • スマホ操作:専用アプリを使って、遠隔操作やレシピの閲覧が可能です。
  • 100種類以上のレシピ:購入特典として、100種類以上のレシピが付属しています。
  • スタイリッシュなデザイン:高級感のあるガラス扉とメタリックなボディで、キッチンに彩りを添えます。
おすすめな人
おすすめじゃない人
  • 大家族の人
  • 手軽にヘルシー料理を楽しみたい人
  • 揚げ物や焼き物が好きでよく作る人
  • スマホで家電操作したい人
  • おしゃれな家電が好き
  • コンパクトなサイズを求める人
  • 高温スチーム機能を使わない人
  • コスパ重視の人
  • 自分で温度設定など細かく調整したい人
あきら

美味しさを追求する人に、とくにおすすめです。

\ 他にないスチーム機能付きで旨味を閉じ込める /

\本日限定!特選タイムセール開催中/
Amazon
\「父の日特集」開催中/
楽天市場
\LYPプレミアム会員が3ヶ月無料でお得/
Yahooショッピング

ノンフライヤー COSORI 4.7L

ノンフライヤー COSORI 4.7L CAF-L501-KJP
ノンフライヤー COSORI
4.7L
サイズ幅274×奥行き365×高さ380mm
温度範囲75~230℃
カロリーカット記載なし
出力1230W
容量4.7L
メニュー9種類
便利機能なし
価格15,980円
ノンフライヤーの比較表
  • 大容量4.7L:家族4人分の料理も一度に作れます。
  • 85%油カット:油を使わずにヘルシーに調理できます。
  • 230℃までの温度調節:幅広い温度設定で、様々な食材に最適な調理が可能です。
  • 360度高速循環加熱:食材をムラなく均一に調理できます。
  • 11種類のプリセットメニュー:ボタン一つで簡単に調理できます。
  • LEDディスプレイ:温度や時間を分かりやすく表示します。
  • タッチパネル操作:簡単で直感的な操作が可能です。
  • 自動電源オフ:調理終了後、自動的に電源がオフになります。
  • 食洗機対応: バスケットとクッキングネットは食洗機で洗えます。
  • 日本語レシピ付き:100種類のレシピが付属しているので、すぐに使い始められます。
  • 静音設計:運転音が静かなので、夜間でも気兼ねなく使用できます。
  • コンパクト設計:省スペースで収納できます。
  • PSE認証取得:安全性が保証されています。
おすすめな人
おすすめじゃない人
  • 揚げ物好きだけどヘルシーに食べたい人
  • 手軽に調理時間を短縮したい人
  • 容量4.7Lで家族分作りたい人
  • お手入れが簡単な家電を求める人
  • 温度調整機能で幅広い料理を楽しみたい人
  • 少量しか調理しない人
  • コンパクトな家電を求める人
  • 高温調理が苦手な食材をよく使う人
  • 細かい設定よりもシンプルな操作を求める人
  • コスパ重視の人
あきら

価格と性能のバランスを重視したい人に、とくにおすすめです。

\本日限定!特選タイムセール開催中/
Amazon
\「父の日特集」開催中/
楽天市場
\LYPプレミアム会員が3ヶ月無料でお得/
Yahooショッピング

Wallfire ノンフライヤー 4.5L

Wallfire ノンフライヤー 4.5L
Wallfire
ノンフライヤー 4.5L
サイズ幅255×奥行き315×高さ255mm
温度範囲40~230℃
カロリーカット約25%
出力1400W
容量4.5L
メニュー8種類
便利機能なし
価格14,900円
ノンフライヤーの比較表
  • 4.5Lの大容量バスケット:3~5人分の調理が可能
  • 1400Wの高出力:短時間で調理できる
  • 温度調節機能(80~200℃):食材や料理に合わせて最適な温度設定
  • タイマー機能(1~60分):調理時間を設定
  • 自動停止機能:設定時間になると自動で停止
  • 過熱保護機能:異常な温度上昇を感知して自動で停止
  • LEDディスプレイ:温度、時間などを表示
  • タッチパネル:操作が簡単
おすすめな人
おすすめじゃない人
  • 揚げ物を手軽に楽しみたい人
  • 油を使わずヘルシーに調理したい人
  • 後片付けが簡単な調理器具を求めている人
  • 2~3人分の料理を頻繁に作る人
  • コンパクトなサイズで置き場所を確保しやすい人
  • コストパフォーマンスを重視する人
  • 揚げ物をあまりしない人
  • 高温で調理できない食材をよく使う人
  • 庫内が見えないのが不安な人
  • 5人以上の家族がいる人
あきら

細かい温度設定にこだわりたい人にとくにおすすめです。

\本日限定!特選タイムセール開催中/
Amazon
\「父の日特集」開催中/
楽天市場
\LYPプレミアム会員が3ヶ月無料でお得/
Yahooショッピング

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときによくある質問

よくある質問

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときに、よくある質問と回答をまとめました。

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するメリットとデメリットは何ですか?

【メリット】

  • 油を使わずに調理できるため、ヘルシーな仕上がりになる。
  • 揚げ物よりも調理時間が短くお手軽です。
  • 食材の余分な油を落とすことができるため、カロリーを抑えられる。
  • 油の処理などが不要なので、後片付けが簡単。

【デメリット】

  • 一度に調理できる量が少ない。
  • 食品によっては油で揚げたものと食感や味が異なる。

ノンフライヤーで冷凍食品を調理する際の失敗例と対策は?

ノンフライヤーで冷凍食品を調理する際の失敗例と対策は、以下の通りです。

  • 食材が焦げてしまった場合:温度が低すぎたり、調理時間が長すぎたりする可能性があります。温度を上げたり、調理時間を短くしたりしてください。
  • 食材が中まで火が通っていない場合:温度が高すぎたり、調理時間が短すぎたりする可能性があります。温度を下げたり、調理時間を長くしたりしてください。
  • 食材が硬くなってしまった場合:食材を詰め込みすぎたり、調理時間が長すぎたりする可能性があります。食材を少量ずつ調理したり、調理時間を短くしたりしてください。

ノンフライヤーで冷凍食品を調理する際の予熱は必要ですか?

食材によっては、予熱が必要なものがあります。取扱説明書を確認してください。

ニオイは気になりますか?

  • 食品によっては、多少ニオイが発生する場合があります。気になる場合は、換気扇を回したり、窓を開けたりしてください。
  • 調理後、庫内を拭き掃除することで、ニオイを抑えられます。

どんな冷凍食品でも調理できますか?

  • 揚げ物や焼き物など、多くの冷凍食品を調理できます。
  • ただし、水分が多いものや、形状が崩れやすいものは、調理に向かない場合があります。

【まとめ】ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときのコツと時間について

【まとめ】ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときのコツと時間について

ノンフライヤーで冷凍食品を調理するときのコツは以下7つです。

各食材ごとの調理目安時間については、以下の項目をタップして再度ご覧ください。

あきら

ちなみに私の一番おすすめの商品はテレビ番組「王様のブランチ」で紹介された以下の機種。唯一スチーム機能がついているのがポイントです。

\ 他にないスチーム機能付きで旨味を閉じ込める /

\本日限定!特選タイムセール開催中/
Amazon
\「父の日特集」開催中/
楽天市場
\LYPプレミアム会員が3ヶ月無料でお得/
Yahooショッピング
タップできる目次